大河原宗平のブログ

やはり裁判が おかしい

政務活動費詐欺事件で「全額返金したから」執行猶予判決だって?

返した金だって 所詮は 騙した税金じゃないのか?

 

全国各地で問題視されている「政務活動費搾取問題」。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000007-kantelev-l29

訴える「正義の国民」の熱意を どうにか こうにか 動いて事件化した検察。

これを裁くのが裁判所。ところが 上記のとおり まともな判決はない。

 

泥棒や詐欺師が(裁判所で謝罪して)盗んだ金・騙した金を返したから「無罪判決」ってあり得ますか?

こんなことはない筈です。

 

警察をはじめとする(選挙で選ばれた公務員⦅要するに何々議員と呼ばれるバッジ組⦆ではない公務員と言われている官吏・公吏を指す)公務員の裏金搾取でも同様だが こいつらの公金搾取犯罪も 裁判所は まともに裁かない。

裁判にかけられる前の 検察も動かない。

そこの裏側には 裁判所も 同じこと(公金詐欺)をやっているからではないかと 思えてならない。

 

「忖度」は 今年の流行語大賞筆頭候補と言えよう。「忖度」が見え隠れする 裁判判決。

「十把一絡げ(じっぱ ひとからげ)」の国民の税金が支えている「お仲間 公務員世界」。

 

やはり 裁判所が 適正な裁きをしたら 自分の身にも降りかかるかもしれない 「公金搾取・税金詐欺」の疑惑をもたれる 公務員(前同意味)部類 =裁判官=。

 

(裁判官は)他人の裁判結果で 我が身の安全を 確保しなければならない道なのだろう。

 

私は かつてより 「冤罪は 裁判官の犯罪だ」と訴えている。

 

宣伝カー(2)まともな裁判をやれや~。  裁判所(裁判官)。

 

<警察正常化協議会 代表 大河原宗平 記>

高崎市 給食費無料化  大河原宗平 検索(1)(その2 =高崎市学校給食費無料化賛成の声=)

高崎市 給食費無料化 大河原宗平 検索

学校給食が無料だと楽になるって お母さんが言ってた

学校の給食が無料だと助かるって お父さんも言ってた

高崎市の学校給食費無料化 賛成~

高崎市 給食費無料化  大河原宗平 検索(1)(その1 =差押えの弁護士費用は莫大=)

                 連絡先 携帯 「090-4725-9006」
                メールアドレス「設定検討中 当面は上記携帯にお願いします」 

<お断り>

群馬県で「給食費の無料化」を言うと「共産党ですか?」と聞かれます。

先ず冒頭に、私は共産党ではありません。完璧な無党派主義者です。

 

小中学生のお子さんを お持ちの お父さん お母さん方におかれましては 子どもさんを預けている小中学校に「給食費を無料にしてください」とは言い難いと思いますので お知り合い様との普通のお話のなかで「高崎市でも学校給食費の無料化運動を ある市役所(鹿児島県の阿久根市)の給食センターに勤務した経験をもつ 大河原宗平という者が起こしている。詳しくは『大河原宗平のブログ』に公開しているよ」と広めていただけたら 更にこの「無料化運動」が広まると思います。


重ねてのお知らせになりますが 「貧困世帯だけの給食費無料化を表明している共産党とは全く無関係の活動でありますこと」を強調させておきます。<以上がお断り文です>
高崎市 給食費無料化 大河原宗平 検索
高崎市における「学校給食費の無料化」についての私・大河原宗平の意見は 今後順次書き足します。
強制徴収しても弁護士代のほうが高額
学校給食費を滞納している家庭から 高額の弁護士費用を使って財産を差し押さえしても そのお金が弁護士費用に消えて行ってしまうようなシステムから いち早く抜け出しましょう・・・

この領収書をご覧ください。
34万8170円
38万1887円

この領収書が 高崎市民の税金から 高崎市の弁護士 小林優公氏に 払われた証拠です。

この弁護士費用の領収書は ほんの一部であると思います。

高崎市 給食費無料化  大河原宗平 検索(1)(その2 =払わなくても食べられるのは不公平ではないか=)

何らかの理由で 給食費を未納にしている家庭があったとしても その家庭の子供さんにも 給食は支給されます。
ではその給食費はどこから 支払われるのでしょうか? 
先ず一つ目の回答は「支払われない分 給食費は不足する。したがって 足らない分(未納分)は全体が安い給食を提供される」
二つ目の答え「市役所から市民が納めた税金で賄う。ということは給食費を納めている家庭は 二重取りされている」ということになる。

こんな信じられない給食会計が行われているのです。

こんな不公平な会計は この際 早期に一度リセットして「全員に完全無料にする」ことが公平の原則だと思います。

次回は「それでは 高崎市において 全小中学生の保護者が支払っている給食費の合計がいくらになるのか? 言い換えれば いくらあったら保護者が負担している給食費を払わなくても給食が出してもらえるのだろうか?」ということに触れていきたいと思います。高崎市から(公文書開示請求で)出してもらった資料を計算し直さなければならないので少々時間を要しますが 大体の金額をお示ししたいと思います。 なお、このことは 計算するまでもなく 高崎市のホームページに「学校別の児童生徒の数が公開されていますから その合計人員に 一人当たりの給食費を積算すれば 大方の数字は誰にでも 計算できる筈です。 そして求めた程度の金額を無駄遣いしなければ 簡単に『学校給食費の無料化』なんて実現可能なのです。(学校給食法を無視しているのが『群馬県』のしきたりであります。その証拠も群馬県庁から(公文書開示請求で)出てきた書類で公開したいと思います。)

ご期待ください・・・ 


このページのトップヘ