大河原宗平のブログ

もう、ちょっと前のことになりますが、群馬県高崎警察署「片岡交番」に配置されているパトカーのナンバー灯が,片方切れていたので、このパトカーを呼び止めて、運転していた警察官に「ナンバー灯が切れている。」と道路交通法違反であることを告知しました。 運転していた警察官は,ナンバーを見て、「この車はこういうのです。」と、二つあるランプの一つが切れていることについて「違反を否定」しました。 何ともひどい警察官の対応です。このパトカーは、今だに「片岡交番」に配置されていますから、お近くの皆さんは確認してみてください。ナンバーが「3ケタ番号」の大型パトカーです。 高崎市の護国神社脇の急こう配の下り坂で「止まれ標識」の「一時停止違反」を隠れて「ノルマ取締り」していまから、多くの方が知っているパトカーです。  

 片岡交番のパトカー 3


ナンバー灯の「玉切れ」は,「整備不良違反」ではなく、「ナンバー灯・無灯火」というライトをつけていなかった違反と同じです。 

 


私は、この運転していた警官の「無灯火違反」について、助手席の警官に「違反切符を切るように」と進めたところ,二人でパトカーを発進させて「逃走」してしまいました。

 


私は、群馬県警察本部に自分の携帯電話から「110番通報」しました。

110番受理係の「女性警察官、久保田百合子さん(旦那さんも警察官。久保田明男さんという今は警察署長です。けん銃射撃の名人です。)」は、私がどこに居るとも言わないうちに,「高崎駅の近くですね」と、何と、私がいる位置を、私の許可も得ずに察知して、私に言ってしまいました。

 


私は、「何で私がいる位置がわかるのですか?」と意地悪に逆質問をしました。すると、「マズイ発言をした」と気付かれたのでしょう。

「いやいや」と誤魔化しました。私は、逃走した警察官のことを伝えましたが、警察が、身内への違反指摘に、まともに応じる筈がありません。その話はあきらめましたが、パトカー警官といい、110番受理係といい、ひどい対応です。

 


これが、今の警察、消防などが使っている「携帯電話の位置感知システム」です。ちなみに家庭の「固定電話」から「非通知」で発信しても同じです。

 


家庭の固定電話が「非通知」にしてある家庭から、何らかの「犯罪や、火事・救急」が発生して、110番通報や119番通報をしたときに「非通知で、どこから電話が来ているのかわからない。」なんてえことで、警察や消防が動かなくて批判を受けないように、チャント「発信場所が察知できる対策」が、電話加入者が知らないうちに盗られています。

これが現実です。

 


これも「警察正常化協議会 @警正協(けいせいきょう)」をご理解いただくための活動です。
大河原宗平の連絡先 携帯電話 090-4725-9006 です。

緊急お願いです

拾った自転車に乗って 泥棒犯に 仕立て上げられないために。是非読んでください。

インターネットで検索。 「大河原宗平さんを支える会」 ⇒ =左側の= 「(7)大河原さんは語る」 ⇒ 「放置自転車返還促進協議会の活動 ~自転車の防犯登録制度を考える~」 を ご覧ください。

検挙ノルマ主義。 警察の「エジキ餌食えじき」になってはいけません。気をつけてください。

これも「警察正常化協議会 @警正協(けいせいきょう)」を ご理解いただく活動です。
大河原宗平の連絡先 携帯電話 090-4725-9006 です。





警察正常化協議会 (警正協・けいせいきょう)より情報発信です。
群馬県警の<裏金告発者>大河原宗平が発信しています。大河原宗平の連絡先は、携帯電話で「090-4725-9006」です。「大河原宗平を支える会」HPからでも連絡が取れます。皆さんで、日本警察の堕落について話し合いましょう。意味のない、交通事故抑止効果の全くない「隠れた取締り・件数稼ぎのノルマ取締りの廃止」を目指します。警察「裏金廃止」を目指します

さて、
岡山県警の 副署長が 落し物として 届けられていた 腕時計を 横領した 
そうです。
何とも みじめな 根性の悪い事件です。 副署長って こんなことをするものなんですね。
これでは、署員に対する「訓示・指示」で、 どんな立派なことを 言っても 警察署内はバラバラですね。 警察組織では「上司は信じられない」のです。 「自分の出世欲のためだけ」で勤務しているのです。 立派な警察署の建物内は 「犯罪が横行する場所」と化しているようです。 警察は絶対に信じられない顔を持っているのです。

「事務担当の副署長」
って 岡山県警には、警視の階級の 制服を着ない 副署長がいるのですか?
初めて 聞きました。 マスコミが 警察バッシングを 和らげるために こんな ぼかした 書き方をしたとしたら 凄い 馴れ合いの実態が わかり易いですね。

副署長のお名前は? お住まいは? ご家族は? 逮捕しないで 任意の「書類送検」 で 関連先への再就職が約束されて「依願退職」したのでしょうか?

人事異動の情報を 「人事  岡山県警  西警察署 副署長」と検索すれば 最新の人事報道が見付かるかもしれません。 岡山西警察署の副署長として 数々の場面で 名前を売っている筈です。 マスコミが名前を書かなくても 誰だか バレバレでしょうね。 あなたのお近くに 住んでいませんでしたか。 副署長だから 官舎に住んでいた可能性もありますね。 

こんな みじめな 実態が「逮捕権を行使する 日本警察の実態」です。自分で留置場へ入れ~
呆れたものです。
嘘と犯罪の温床である警察は信じられません・・・

このページのトップヘ