大河原宗平のブログ

どうも この選挙 安倍に騙された

 

日本人のお手手つないでは似合わない安倍が北朝鮮を完全にコントロールしているのでは ないだろろうか?

 

安倍は 平成29年9月28日 臨時国会冒頭に衆院を解散させ 第四十八回総選挙を仕立てた。

 安倍は「北朝鮮の脅威」とかと 大々的に広報しているが どうも心中は違うのだろう。

 

安倍は「北朝鮮のかつてない脅威」とか言いながら ぬけぬけと 衆議院議員全員の首切り「解散」に打って出た。

 

「北朝鮮のかつてない脅威」のなかで なぜ衆院議員の首を飛ばすのか? と思うと同時に 真意は違うのではないか? とも感じていた。


本年8月 安倍の夏休み。 連日山梨の別荘にこもったようだ(報道)が 官邸に居る時だけ「北がミサイルを打つ」。

国家戦略会議(SNS)の立ち上げが早い。不思議だ。安倍が東京に居る時だけミサイルが飛ぶ。


安倍は北のミサイル発射を把握しているのだろう・・・

いや 「北にミサイルを打たせているのは 安倍でなないだろうか」と思えてならない。

 

そして今度の 衆院解散 総選挙。

北の脅威の中 衆院議員の首を切る空白は あり得ないだろう と感じる人は少なかっただろう。

 

ところが 解散から今日の投票日(10月22日)まで 北の動きがない。

この事実を見ても 

「安倍が(多大な資金援助か何かの力で)北朝鮮を完全にコントロールしていることを国民に知らせず 「北の脅威だ」と国民を騙して 自分の首の延命を図った戦略だった」と思えてならない。


そう感じるのは 私・大河原宗平だけなのだろうか?

もっと早く この気持ちを表明しておくべきだったが 選挙結果が出る前なので まだ間に合ったのかな という感じです。

 

ついでに あれほど公開の討論会等で自民寄りに民進を批判していた「日本維新」が「小池の接着剤」で[「民進」と手をつないでしまった。
安倍は解散前に 橋下とも会っている。 維新の本意がぐらついている。

誰を どこの政党を 選んだらいいのだろうか?

           安倍の独走を批判するためにも投票には行く。
            
             さてと これから投票に行って来よう。

 

あっ 最高裁判所裁判官の国民審査もあるのだ。 これも茶番だが 誰も知らない裁判官全員の名前に「✖」を付けて来ようっと。 

 

高崎市 給食費無料化 大河原宗平 検索(


<
概略>

新体育館「高崎アリーナ」ができて街の活性化になったか?

空バスを 沢山 走らせて 税金の無駄遣いだ。

空バスの運転手は よく恥ずかしくなく 運転していられるものですね。

税金の無駄遣いです。

給食費の無料化にでもした方が みんなが喜びますね~

 

こんな意見が飛び込んできました。

 

<説明>

群馬県高崎市では 平成29年(2017年)4月 新体育館「高崎アリーナ」をオープンさせた。

この運営は「高崎市の税金で造った」との印象から免れるためなのか「高崎財団」という財団に運営を廻しているようである。行政がよく使う手だ。

 

各種イベントで人寄せを狙っているのであろうが たまたま 高崎アリーナの近くで還暦を過ぎたかな? と思われる女性と話すと 冒頭の<概略>で紹介したような 冷めた意見を耳にした。

 

私はブログ等で政治的なことにも触れているが この意見を述べた方は 多分政治的には無関心の方であると察する。

 

<その会話の概要>

私・大河原宗平:素晴らしい体育館ができて地域の発展に繋がりますね?

その女性: 何だか??

      税金で造って 大したイベントもないようで 街は寂れるばかりです。

 

私・大河原宗平:でも 見た目には 素晴らしい建物で 「アリーナ専用バス」まで頻繁に走っていて たくさんのお客さんが来ているのではないでしょうか?

その女性:大して人も来ていませんよ。新しいバスまで走らせているが お客さんは全く乗っていないですよ。「空バス」ですよ。

「空バス」を運転している運転手が 恥ずかしくもなく 運転していられると思うと こちらの方が 恥ずかしくなりますよ。

運転手は給料のためでしょうが その元は 税金でしょう? 無駄使いですよね。

 バス1台に 運転手1人 客1人 の空バス

あなたの自動車の看板のように「給食費を無料にした方が みんなが喜びますよ。給食費の無料化のために頑張ってくださいね。

 

と このようなお話で 高崎市の新体育館「高崎アリーナ」周辺の市民は 極めて冷めていました・・・ 


添付の写真は 高崎アリーナに到着した「バス1台に運転手1人 乗客1人の 空バス」でした。 

「安倍 衆院解散」について考えること

 安倍さんのデタラメ

日本国憲法を読んだことはある。暗記もしてみた。

しかし「衆議院の解散権」が「内閣総理大臣の専権事項とされる」とは読んだことが無かった。

 

私・大河原宗平が(還暦を過ぎて)突然体験した「安倍解散」を受けて 改めて「衆議院の解散権」について 憲法を読み直してみた。

 

憲法69条の「内閣の不信任・信任解散」以外には 7条の「天皇の国事行為」の解散しか書いてないように見える。今度の「安倍解散」は 「不信任・信任解散」ではない。

 

「7条解散」についてネット情報でも「解散権の乱用だとの批判がある」との記述もあるが メディアもスルーしている。

 

衆院議長が「解散勅書」を読み上げたが 天皇の署名押印(御名御璽とも?)があることも言わない。天皇の名は省略されてしまうのだろうか。

 

憲法4条が「天皇は国政に関する権能を有しない」としているが 余りにも「憲法と天皇軽視」の「政府の態度」には 合点がいかない。

このページのトップヘ