大河原宗平のブログ

「ファミレス雑感」

これは「お年寄り」と言ってはいけないのでしょうが、どこにもある光景だと思いますので書いちゃいます。

 

それは4人の婆婆ー組が主体の「イジメ事例」です。


私は、お友達との打ち合わせのために群馬県前橋市の「ファミレス」を利用した。

少し早めに行って本でも読もうと思ったのですが、後ろの席の4人のババー組の話がうるさくて本に集中できない。

声は段々大きくなり、巻き舌に。面白いから話を聞いてみることにして顔は前を向いているが神経はすっかり後ろの席に向けてしまった。(こういう行動が「私も年を取ったな~」といえるのかも?)

 

「細野さん、井上さん、佐野さん、石川さん、松井さん・・・」出るわ・出るわ、職場の人だと思われる実名。


「あの人たちに心を許しちゃダメ。」

「絶対だめ。」

「つけ込まれるよ。」

「私、いいよ、嫌われたって。」

「顔に現われてるものね。」

「私にはできない。ああいう顔は・・」

「私、思っても言えないし。」

「ああいうの見てると震えてくる。私。」

 

私はそろそろ周辺の耳にも気付いてよ、と言いたいばかりに、コーヒーのお代わりに立って、帰りに4人の顔を何となく一周。

それでも、お構いなし。

<後で知ったのですが、こういう光景を「女子会」っていうんだって? 「女子」が泣くわ~>
 

 

まだ現役でパートに出ているようで、その年の頃は「孫が中学生位だろう」と思える初老。

家に帰れば、孫に「イジメはだめよ」みたいに言い聞かせているのだろうな、と思えるようなお年頃。

いや?こういう家庭の孫が学校でイジメをしたりしているのかな? と思えちゃった体験でした。


待ち合わせのお友達が来たので、離れた静かな席に移って用を足した・・・

ああなりたくないな~

 

そういえば警察在職中、警察の職場もそうだったことを想い出した。

上からの指示だけしか通用しない「徹底した上位下達の職場」が警察だと言っても過言ではない。

そんな警察では、何人か集まれば「上司の悪口」。

上司が回ってくると「シーン」。

そこで私は言ってやる。「本人が来たのだから、さっきの話を続けたら・・」と。

誰も反論もしないし、発言を続ける者もいない。警察官に正義はない。

交番。パトカー内。交通課の事故係。こういうつまらない「掃き溜め」の職場によくある会話である。

 

もしかして、あの4人組、警察官の妻たちじゃなかろうな~(完)

<2017年3月17日 加筆>
何? 広島県警にも 「女子会」だって??(笑)


軽井沢スキーバス転落大事故一周年の現場で見た違和感

 

                 警察正常化協議会(警正協 けいせいきょう KSK)代表 大河原宗平報告

 

軽井沢スキーバス転落大事故発生から一年目に当たる平成29年1月15日()午前1時55分、私も軽井沢の事故現場に居た。

駐車場に止まっている車は殆どが報道陣だけだった。

報道関係者が「貸し切り状態」でタクシーを待たせたままという、金のかけ振りにもどうしたものかと思えた。

 

私・大河原宗平も事故現場を慰霊

きっと午前1時55分には多くの人が慰霊に集まることと思い、私は邪魔にならないように午前1時に事故現場で15本の短いお線香をあげてひっそりと慰霊した。勿論燃え残りは残さず持ち帰り別の灰皿に始末した。

 

現場には40~50人を数える報道陣が防寒着に身を包み待機していた。

事故発生一年目の慰霊の状況などはこの報道陣がそれぞれ詳細に報道するので私が報告するまでもない。

 

現場で見た違和感のある動きをする人物

ただ、その現場で私には予想もつかなかった違和感を覚える事実があった。それは「報道陣を取り仕切る一人の女性 これを①」と制帽を被らないで「NAGANA  POLICE」とプリントされた夜光チョッキを着た「警察官だと思える男性 同②」、警察だと言って人を押し退けて進む「ニット帽の男性 同③」、前記2名と仲良く会話する「男性 同④」この(①~④の)4人の動きがとても目障りで印象に残った。

いったいこの連中は何者なのだろうか?

ビデオ映像を撮影した写真を添付してみる。ピンボケはご容赦。

 

結論から言うと、この四人は、「事故バスに乗っていただろうと思える男性三人をエスコートして、マスコミに囲み取材を受けさせ、その後、二台の自動車に分乗させて同一行動で事故現場を後にした」ことだ。

 

警察はあくまでも「中立の立場」だろう

特記すべきは ①の女性は報道陣に対して徹底的に主導権を持っていた。「フラッシュは炊くな。顔を映すな。名前を聞くな。」等々。

②のチョッキ男性は、「取材を受けた二人(一人はもう一台の方に乗り換えた)や①の女性を乗せた車両を運転して立ち去った。

 

②の男性が運転したのは「警察とは書いてない車両」であった。

 

現在警察はこのバス転落事故の原因を究明中で、間もなく「被疑者」とされた人物を「書類送検」すると報道されている。それは捜査の順番として当然だ。

 

その警察。 例えばこの②の男性が「警察官」だとしたら、囲み取材を受けた男性三人の内二人を乗せた自動車を運転してやってはマズイだろうと思えてならない。

その理由は、簡単。「警察はあくまでも中立の立場でなければならない」であるからだ。

 

②の男性が運転した自動車の後ろには、もう一台あった「三人中の一人が乗り移った自動車」があり、同時に現場近くの駐車場を後にして同一行動で長野方面に立ち去った。

 

「囲み取材を受けた男性三人」が事故バスに乗っていて負傷した「交通事故の被害者」だとしたら、一応の事情聴取を終わったら、「被疑者」を送致(送検)して、事故捜査が警察の手を離れ、裁判が終わって「有罪・無罪」の結論が出るまで「被疑者・被害者」のどちらにも関与しては、「警察の中立性」が保障されなくなるのではないだろうか。

 

警察の捜査は「被疑者(後の被告人)の有罪が目的」であることは間違いない。

その一方である「被害者をいつまでも警察の手のうちに入れておいて、裁判で被疑者を有罪に導く証言をさせようとしている」と思われても仕方がないのではないだろうか?

もしも、一周年の慰霊現場で「被害者に対する報道陣の取材」が予想されるなら「捜査機関たる警察は前面に出ないで、弁護士なり家族なりが対応すればよいことではないだろうか。少なくともこの三人は「大学生」であろうと思う。

 

警察正常化活動の立場として

警察の正常化活動をしている「警察正常化協議会 代表」の私としては、前記①~④の中に一人でも警察関係者がいて、車両も警察所有だとしたら、現在捜査を進行中の「交通死傷事故捜査」の中立性を大いに疑わなければならない。

 

被疑者となる方の肩を持つ訳では決してない。あくまでも事実・真実の解明が望まれる。

そういう意味で、大事故から一周年目を迎えた慰霊現場でとんでもない事実を見てしまった。

 

それではピンボケ写真を4枚程ご覧ください。  

 

大河原宗平の連絡先

携 帯 090-4725-9006

メール hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

報道陣を取り仕切る女性 この方誰?NAGANO POLICEのチョッキ男性警察だ と言って人を押し退ける人物最後はこの車で立ち去った
 

追跡危険信号「緊急自動車が追跡中。交差点進入注意。」を発信することを提案します.


 
私が私のブログ「大河原宗平のブログ」に

「軽井沢スキーバス転落事故」は何故これほどの大惨事になってしまったのだろうか?

との投稿をしました。その記事の中に

 「道路の交通に関する『交通の安全の確保』は、如何にしたら実現できるのだろうか?」

 

と問いかけをしたところこれに対して貴重なご意見をいただきました。 が私の不手際で投稿者様への返信アドレスを消してしまい、意見交換ができなくなってしまいました。

そこで大変失礼ながら、本ブログに頂戴したご意見の要旨を紹介させていただき、①ご意見が私の手元に届いていること、 と 頂戴したご提案に対する ②私の意見を投稿しまして、感謝と御礼に替えさせていただく次第です。ご勘弁願います。

 

さて

私は「交通の安全の確保」について

  「少なくとも『警察の隠れ取締り』ではできる筈がない。私が一番感じるのは『ドライバーのマナーがとてもよくなっている』と言うことだ。」と明言しました。
この記事を始めてお読みになる方には、私の「大河原宗平のブログ」の「軽井沢スキーバス転落大惨事から間もなく1年」を見ていただければ幸いです。

 

そこで いただいたご意見とは

 「単なる人為的交通事故以外に、警察に追われた逃走車の巻き添え事故の防止にも、お取り組みになられることを要望します。 」  と言うものです。

 

ご案内のとおり警察のパトカーによる「無理な深追い」によって第二第三の死傷被害を起こしていることは多くのドライバー・国民が認識しているところであると思います。

警察の立場は公開されていませんが「逃げるのが悪い」。ただそれだけの認識です。人の生命身体財産を保護すべき警察が、死傷事故を引き起こしているなんて言語道断。

 

「人の生命身体財産の保護」を盾に多額の予算と投じて「監視カメラ」や「車載カメラ」も導入、常態的な「警察官の増員」をしていることも事実です。

「無理な深追い」をして「死傷事故」を誘引しておいても「追跡は適切であったと認識している」と切り捨て、事故当時者の責任だけに押し付けている。これが現実です。酷いのは「緊急車両の通行妨害で立件する」とまで言い放った事例もあります。

宣伝カー(2) 

数年前のたった一週間以内に群馬県警では三件の追跡事故の誘引で7人(4人・2人・1人)を死亡させています。その内一件は「違法な追跡」として「国賠裁判」を起こしましたが、裁判結果は「警察は追跡していなかった(要旨)」と、裁判所は警察の主張を全面的に認め訴えを退けました。

警察のパトカーが「追い込んで事故を起こさせた」ことは間違いのない事実として近隣住民の「事故の衝突音を聞く直前までパトカーのサイレンが聞こえていた」という証言があっても警察はその証言を打ち消します。そうやって「追跡の無謀性」を隠してしまいます。

それならば「追跡は適切であったと認識している」などとコメントしないで いっその事「逃げて事故を起こしたのは逃げた者が悪い」とはっきりとコメントすべきだ。と考えます。

 

話を「頂戴したご意見に」戻して

  具体的には、 
       警察官に携帯させた端末や、 
       パトカーなどの警察車輌の操作機器や、 
       警察施設の操作機器 
  の操作で、逃走車の接近を、警告することでの、 
       警告音(サイレン)や 
       警告音声(「逃走車が接近中です!」等) 
  を発(はっ)して、逃走車の進路付近の通行人や自転車や自動車に知らせることでの、

交通信号機に、 赤色回転灯と拡声器(スピーカー) 
  を設置すれば、巻き添え事故の減少や撲滅が可能になると思うのですが、如何(いかが)でしょうか。

 

という具体的な提案をいただきました。ごもっともの提案に心を打たれています。さらに投稿の意見を紹介させていただきますと、

いきなり日本全土に、赤色回転灯と拡声器(スピーカー)を付けた信号機の設置は、莫大な費用が掛かるので無理でしょうから、手始めに、 
       どこかの国道や県道の縦横の数キロに 
      試用(モデルケース)設置区域 
として、設置してみては如何(いかが)でしょうか? 

何とも国民の税金の持ち出しにまで配意をいただいたことに、平素より税金の無駄遣い抑止を訴えている私としては更に恐縮しているところです。

 

この寄せられたご意見を私がブログに公開することで、国の機関や警察関係者もこのブログを多数みていると思いますので、必ずやそういう方向に向かってくると確信します。そういう意味で投稿者様には大変失礼かと感じておりますが、私のブログに引用させていただいた意味は大きいと思いますのでご理解をいただきたいと思います。勿論投稿者様のお名前は公開しません。

 

結論として、投稿者様の提案とその提案に対する対策案、ご意見のとおり「莫大な費用」これが問題ですね。

 

それでも「莫大な費用を要さない」でこの趣旨は可能になるのではないでしょうか?

 

それこそ「スマホ」の活用。

通信会社がその気になれば簡単にできると思います。

の方法は、追跡を開始したら、そのパトカーの位置を常時把握している「警察本部の通信指令室(課)」がスイッチ一つで「通信会社に(追跡)情報を送る」 ⇛ 通信会社はその地区のスマホに「特定の(追跡危険信号「緊急自動車が追跡中。交差点進入注意。」)を発信する。

簡単に言えば「地震警報」みたいなものですね。

警察は、すでに「犯罪発生状況」みたいな「地域安全情報」を発信していることも事実です。ですから、私の提案の「警察本部の通信指令室(課)がスイッチ一つで通信会社に情報を送る」 ⇛「通信会社はその地区のスマホに 特定の(追跡危険信号)を発信する。」は可能であると考えます。

 

この提案のように貴重な意見が「税金を使わなくても」、「無駄な公務員を配置しなくても」国民の生命身体財産の安全確保が実現できるのです。

 

莫大な税金の無駄遣いの原因にもなっている「警察官の増員も不要になる」のです。

 

大変貴重なご意見をいただいたことに重ねて御礼を申し上げます。ありがとうございました。 

 

完全民間組織。警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう・KSK)代表 大河原宗平
携帯電話 090-4725-9006(公開番号)

メアド  hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

このページのトップヘ