大河原宗平のブログ

大金(おおがね)で釣り上げられる国民の懐 

それでもあなたは「夢を求めて」宝くじを買いますか?

 

 =大きな額面にだまし取られる国民の懐=

今日(2018年4月28日・土)の新聞各紙に写真のような 行政機関による「振り込め詐欺」とでも言いたくなるような大々的な宣伝が載った。

 

その内容は「宝くじを買ってください。5000万円が当たります。早く買わないと売り切れになりますよ~」というものだ。

 

宣伝をよく見てみると

  この宝くじの収益金の全額が、子育て支援に役立てられます。

  日本の宝を育む宝くじ、新登場!

   子育て支援くじ 1等・前後賞合わせて5000万円(が当たる)

 

第747回 全国自治宝くじ 1枚200円

   1等3000万円×4本・前後賞各1000万円

   2等100万円×20本

などと書いてある。更に虫メガネで見るような小さい文字で

あなたに夢を・街に元気を

売り切れの場合もありますので、お早めにどうぞ。

発売 全国都道府県及び20指定都市

とも書いてある。

 

皆さんは宝くじを「都道府県や指定都市」たる公務員・行政が発売していると知っていますか?

 

私に言わせれば こんなバクチのような、振り込め詐欺みたいな「宝くじ」という一般人がやれば犯罪になることを堂々と「行政・公務員」がやって売上金を騙し取る。

 

こんなことを黙って見ていられますか?

更に上記のように(売り切れの場合もありますので、お早めにどうぞ。)

「早く買わないと売り切れになるよ~」とまで煽って懐から金を出させようとしている。

絶対に許せない。

 

ここからが 私・大河原宗平の最大の問題提起。

「売り切れ」どころか 「売れ残り」はどうするのだ・・・

 

売れ残り券は 必ずある(と思う)。

この「売れ残り券」の中に「当たり券」が有ったら 誰が当選者になるのだろうか?

 

「売れ残り券は発売終了と同時に廃棄する」と(行政・公務員が)言い切れるなら 廃棄した証拠を新聞に出してもらいたい。

 

タダ同然に印刷した「宝くじ券」。売れ残りの中にある「当選番号」・「当選金」はどこへ消えるのだろうか?

 

権限ある公務員の懐へ入るのだろうか?

そうだとすると 美味しい話だ。

 

宝くじの番号は 必ず「1」から始まる。

誰が買った券も 冒頭の「1」は当たっている。だから 当たるような気がする。

年賀はがきは「0」から始まっているよ~

最初から「外れた」と分かる。

 

だが 宝くじは冒頭の「1」が当たっている。この辺りにも詐欺被害に遭うような「まやかし」が隠されている気がしてならない。

 

それでもあなたは「夢を求めて」宝くじを買いますか?

 いつから 高崎市長は「青栁 隆さん」になったのですか?

平成30年(2018年)1月31日付け高崎市の「市議会だより(NO 262号)」に「給食費の無料化を求めること」という請願が継続審査扱いにされていることが紹介されていた。

私が提唱している「給食費の無料化」にむけて高崎市議会が動き出したと高く高く評価したい。

でも、その請願内容や審査の経過が如何になっているのだろうかと強い興味をもたなければならないのが私の立場だ。

 

そこで、その内容について2018年2月19日付けで高崎市議会議長等に「行政文書の公開請求」を行ってみた。その 請求内容は

市議会だより(NO 262、2018・1・31付け)で報じられている「学校給

食費の無料化を求めること」(請願第6号・継続審査)に関する全ての記録

とした。

 

この請求に対して

平成30年3月5日付けで 高崎市役所 市民生活課 行政情報担当 を連絡先だ

と銘打った

  「行政文書公開請求に係る決定通知書を送付いたします。云々・・・」

の書面が届いた。そこに同封されていた文書を見て驚いた。

 DSCF0142

何とも「高崎市長 青栁 隆 (公印押印)」となっているのです。(お写真を参考あれ)

いつ高崎市長選挙があって「高崎市長に 青栁 隆さん」が当選したのだろうか? 現・高崎市長は富岡賢治だ。青柳隆は「市議会議長」である。(笑い)

 

まあ 単純に「ワープロの打ち間違い」に決まっているのですが、時期が時期だけにこのミスを見過ごすことができなくて早速記事にしてみました。

 

私・大河原宗平が記事にしたくなった動機とは 正に今・審議が止まっている「国会問題」なのです。

 

「森友問題」の文書の存否や書き換え問題だ。

「嘘ばっかり言うな」と怒鳴ってやりたい。

 DSCF0088

選挙で国民の審判も受けていない「役人」が国会を混乱させている。

それはこの方(こちらも「お写真」を参考あれ)だ。

何の質問に対しても「捜査に影響を与えるか予言し難く、答弁は差し控える」等等 何度繰り返したことか。時間がもったいない。

告発を受けて捜査される側 いわば犯人側の立場にある役人が 捜査する側の検察に配意する必要など全くない。

それを突破するのが捜査機関の仕事だ。であるから逮捕も捜索も権限を持っているのだ。ついでに「検察に言うなと言われている(趣旨)」とまで言って退けた。

 

検察も裁判所も役人も「お仲間・仲良し・お友達」だから外野(国民)はやかましいことを言うな」と言われたような気がしてならない。

 

こんな状態に「単なる国家公務員」の立場の「役人」が嘘ばかり言っているからその下の「県・市町村役人」までもが 上から目線になって仕事をしているのだ。

 
文書を作るのに原文をコッピ―して使うことはよくあるが、「議長」と書くところを「市長」としてしまう「」雑な職務」を指摘しておきたい。

その現れが「高崎市長 青栁 隆」の間違いに繋がっていると言い切りたい。

それがこの記事の結論なのです。 (結)

このページのトップヘ