大河原宗平のブログ

 

長崎県警の元警察官(警部補)入江憲彦氏が,現職警察官当時の年上同僚を訴える裁判を起こしました。

原告入江憲彦氏の訴状及び被告陣内純一氏の答弁書を手に入れましたので紹介しておきます。

 

 

  

平成29年2月6日

長崎簡易裁判所  御中

原告

 

〒850-0014 長崎市新中川町11―22

(64歳)

℡(095)827-1536

〒851-2215長崎市鳴見台1丁目34-15

(70歳)

℡(095)850-3190

 

 

請求の趣旨

1 被告は,原告に対し,3万円を支払え。

2 被告は,原告に謝罪せよ。

3 訴訟費用は被告の負担とする。

との判決並びに仮執行の宣言を求める。

 

請求の原因

1 被告,原告とも長崎県警の元警察官である。

2 被告は,平成12年3月から平成13年10月までの間,佐世保市天満町4

番18号佐世保警察署外事課において原告と勤務していた。(甲1)

3 被告,原告とも警部補歴10年前後,外事係歴20年超の外事係長であつ

た。

4 然るに,被告は先輩意識と我が強く,原告に対し,しばしば上司ででもあるかのように横柄な態度で臨んだ。

5 その中でも到底容認出来ない不法行為として,平成13年1月ころの出来事があつた。 それは,被告が何ら非のない原告を全課員の前で感情的に怒鳴りつけて侮辱し,恥をかかせたことである。 その不法行為の具体的な内容は次のようなものである。

(1)その日の午前中佐世保署外事課には11名の課員が揃つており,原告は

決済書類に目を通していた。 しばらくして長崎県警察本部外事課が作成したその年度(平成13年度)の業務運営方針に関する書類が回つてきた。 警察署では,それに基づき署の運営方針を警察本部に報告するのである。

(2)原告は,自分の担当部分を速やかにチェックして複写し,早速業務方針作成にとりかかることとして,部下の松尾にコピーを指示した。 それに要した時間は僅か数分間であり,コピー後課長決裁に回したところで,何ら決裁や業務を停滞させ,他に迷惑が及ぶような状況ではなかつた。

(3)ところが,被告は,いきなり背後から,「何ば勝手にしよっとか。」 と大声で怒鳴りつけたのである。 そして,何事かと驚いて振り向いた原告に,「 みんな一緒にコピーせんばやろうが。」と勝手に決めつけ,たたみかけたのである。

(4)原告がやつと被告の言つている意味に気付き,同時に,課員達の前で被告と口論し合うような醜態を避けることを考え,被告に反論する前に課長の意思を確認したところ,課長は別に原告がコピーしても構わないとの態度であつた。

(5)課長の賢明な対応により,その場は収まった。しかし,反芻するに,その当時は原告も外事係歴,係長歴ともベテランの域に達しており,上司でもない被告から先輩風を吹かされて罵倒され,部下達の面前で恥をかかされる謂れはなかつた。 要するに,被告は,何ら落ち度のない原告の行為に因縁をつけ,感情的且つ一方的に怒鳴りつけて侮辱し,原告に精神的苦痛を与えたのである。

(6)被告は,この事件前後も原告を些細なことであっても陥れる傾向にあったが,この時は恣意的,高圧的に原告に突っかかり,パワハラに及んだのであり,到底聞き捨てならない越権行為であつた。

 

よつて,原告は,被告に慰謝料3万円の支払いと明確な謝罪を求める。 被告の不法行為は除斥期間(20年) にあり,被告は元警察官らしく己のした 不法行為にきちんと責任をとってもらいたい。

 

その他の事情

1      被告は,最近殺人放火事件や仏像盗難事件をめぐり国際紛争まで起きて注目

されている島対馬市(水崎)の出身で,対馬高校を卒業した。 被告は,昭和41年4月1日,長崎県巡査に採用された。 外国語の能力はなかったが,長年外事係の職にあつた。 定年後は,警察から斡旋を受け,長崎県タクシー協会に再就職した。

2 外事係とは,外事公安関係の情報収集や密航事件捜査等に従事する職であり,私服勤務である。 被告は,公務員であり,税金から給料をもらつているとの公僕たる自覚が欠如していた。 そのため,係長でありながら,平成12年から平成13年にかけて佐世保署にいた時だけでも,私服勤務で,市民の側からは警察官が勤務中に私的行動をしていることが分からないこと,外事係の公用車は一般車両と見分けがつかないため市民は警察車両を私的に使用していることが分からないことを利用し、

    勤務中に職場を離脱し,公用車で自宅に行き,洗濯物を取り入れた。 その職務専念義務違反行為は,雨が降る度年がら年中繰り返された。

    佐世保市から長崎市に出張した際,長崎市の同僚七条宅でさぼった。

    勤務中職場を抜け出し,佐世保市立総合病院や歯医者に通院した。

    勤務中職場を抜け出し,公用車で他署管内に行き,同僚濱の家の葬儀に出席した。

   勤務中職場を抜け出し,公用車で数10キ ロも離れた他署管内の山中(石木ダム)に行き,飲み水を汲んでいた。 部下山崎らにもその職務専念義務 (地公法)違反行為をさせた。

   勤務中仕事をさぼり,公用車で他署管内(名串山)にて花見した。

 

などの不祥事(職務専念義務違反)を繰り返したが,要領よく立ち回り,処分を 免れた。 また,被告らは,警察が国税で採用する沿岸監視哨員から採用更新の見返りに九十九島かきを10箱以上も貰う収賄まがいの行為をして山分けしたり,幹部らに上納したりし,甚だしくは,本来請求出来ない沿岸警備を名目とする警備出張手当(1回当たり約3,000円 )を不正請求して課員全員の口座に振り込ませ,その中から定額を回収してプールし,飲み食いに費消していた。 まさしくカラ出張であり,血税横領の犯罪行為までしていたのである。  

よつて,本来被告は懲戒処分に処すべき者であったが,幹部の怠慢により被告の不祥事はすべて見過ごされてしまい,何らの処分もなかった。

 

原告は,公僕としての自覚から,被告らがしていた警備出張手当の不正請  

 求を取り止めたが,その正当行為を当時の幹部らから呪まれ,以後留置係に

 されたり,島流しにされた挙げ句に,やつてもいない罪や不祥事を2度もな

 すりつけられ,不当な懲戒処分をされるなどひどい嫌がらせをされた。

上記事実のとおり,被告は納税者である国民の敵というべき不良警察官であ

り,職務専念義務違反の分だけでも給与を返還すべきであったが,のうのう

と定年まで警察官を続け,関連団体に天下りまでしている。 厚顔無恥であり,

この事実を国民が知れば,そしりは免れない。

その被告が,自分のでたらめさは棚に上げ,他の同僚,殊に原告に対しては,訴因の如く些細な事柄でも誹謗中傷して不快な思いをさせたことも多く,原告は人事的に不遇を被る仕打ちを受けたりもしたが,これまで被告の仕打ちを我慢し,上記不祥事も見逃してきた。

6 被告は既に古希を過ぎた老人であり,原告も還暦をとうに過ぎた。お互い

余命は分からない。 原告も自分の死を考え,心残りはしたくないと思う昨今

である。 被告は,若いころから,昇任試験が近づくと,妻の手作り弁当を食

している原告の耳元で「奥さんが期待しとるごたつね。」とか,長男誕生の際

は,お祝いもしないくせに「後でお祝いするけんね。」と言ったりしてからか

い,長年にわた つて原告に大小諸々の不快感を与え続けた。

原告は,かねてより被告の無礼極まる訴因の暴言等を直接被告に抗議するこ

とも考えたが,被告が素直に聞き入れる見込みもなく,これまで一切被告を咎めていない

 しかし,被告の不法行為は忍耐の限界を超えており,原告は,元気なうちに, 大袈裟に言えばお互い生きているうちに被告を糾し,被告の現職時代の不祥事をも指摘するため本件訴訟を提起するに至った。

 

証拠方法

証拠説明書及び甲第1号証のとおり

添付書類

訴状       副本  1

証拠説明書  正・副  1

1号証写  正・副  1

以上

 

答 弁 書

長崎簡易裁判所AB 御中

事件番号 平成29年(()第69号  

口頭弁論期日平成29年3月16日(木)午前10時00分

事件名 慰謝料請求事件

  人江憲彦

  陣内純一

 

平成29年2月17日

 

住所 〒851-2115 

長崎市鳴見台一丁目34-15

氏名 陣内純一

電話番号 (095)850-3190

FAX   (095)850-3190

 

1 書類の送達場所の届出

私に対する書類は,上記の場所宛に送ってください。

2  送達受取人の届出(希望者のみ )

3  請求に対する答弁

原因の項目4については,原告のいわば思い込みと思われ,私自身は,4

に記載されているようなこうした態度を最も嫌悪,軽蔑する人間である。

原因の項目5(1)~(6)については私自身全く身の覚えのない事実無根事柄であり,原告の事実誤認と思われる。

4 私の言い分は,

原告の行為(訴訟)は,私を陥れようとする悪意に基づくものと認められ私自身が逆に名誉棄損で訴えたい思いである。

 

長崎簡易裁判所 29・2・20 受付

「ファミレス雑感」

これは「お年寄り」と言ってはいけないのでしょうが、どこにもある光景だと思いますので書いちゃいます。

 

それは4人の婆婆ー組が主体の「イジメ事例」です。


私は、お友達との打ち合わせのために群馬県前橋市の「ファミレス」を利用した。

少し早めに行って本でも読もうと思ったのですが、後ろの席の4人のババー組の話がうるさくて本に集中できない。

声は段々大きくなり、巻き舌に。面白いから話を聞いてみることにして顔は前を向いているが神経はすっかり後ろの席に向けてしまった。(こういう行動が「私も年を取ったな~」といえるのかも?)

 

「細野さん、井上さん、佐野さん、石川さん、松井さん・・・」出るわ・出るわ、職場の人だと思われる実名。


「あの人たちに心を許しちゃダメ。」

「絶対だめ。」

「つけ込まれるよ。」

「私、いいよ、嫌われたって。」

「顔に現われてるものね。」

「私にはできない。ああいう顔は・・」

「私、思っても言えないし。」

「ああいうの見てると震えてくる。私。」

 

私はそろそろ周辺の耳にも気付いてよ、と言いたいばかりに、コーヒーのお代わりに立って、帰りに4人の顔を何となく一周。

それでも、お構いなし。

<後で知ったのですが、こういう光景を「女子会」っていうんだって? 「女子」が泣くわ~>
 

 

まだ現役でパートに出ているようで、その年の頃は「孫が中学生位だろう」と思える初老。

家に帰れば、孫に「イジメはだめよ」みたいに言い聞かせているのだろうな、と思えるようなお年頃。

いや?こういう家庭の孫が学校でイジメをしたりしているのかな? と思えちゃった体験でした。


待ち合わせのお友達が来たので、離れた静かな席に移って用を足した・・・

ああなりたくないな~

 

そういえば警察在職中、警察の職場もそうだったことを想い出した。

上からの指示だけしか通用しない「徹底した上位下達の職場」が警察だと言っても過言ではない。

そんな警察では、何人か集まれば「上司の悪口」。

上司が回ってくると「シーン」。

そこで私は言ってやる。「本人が来たのだから、さっきの話を続けたら・・」と。

誰も反論もしないし、発言を続ける者もいない。警察官に正義はない。

交番。パトカー内。交通課の事故係。こういうつまらない「掃き溜め」の職場によくある会話である。

 

もしかして、あの4人組、警察官の妻たちじゃなかろうな~(完)

<2017年3月17日 加筆>
何? 広島県警にも 「女子会」だって??(笑)


軽井沢スキーバス転落大事故一周年の現場で見た違和感

 

                 警察正常化協議会(警正協 けいせいきょう KSK)代表 大河原宗平報告

 

軽井沢スキーバス転落大事故発生から一年目に当たる平成29年1月15日()午前1時55分、私も軽井沢の事故現場に居た。

駐車場に止まっている車は殆どが報道陣だけだった。

報道関係者が「貸し切り状態」でタクシーを待たせたままという、金のかけ振りにもどうしたものかと思えた。

 

私・大河原宗平も事故現場を慰霊

きっと午前1時55分には多くの人が慰霊に集まることと思い、私は邪魔にならないように午前1時に事故現場で15本の短いお線香をあげてひっそりと慰霊した。勿論燃え残りは残さず持ち帰り別の灰皿に始末した。

 

現場には40~50人を数える報道陣が防寒着に身を包み待機していた。

事故発生一年目の慰霊の状況などはこの報道陣がそれぞれ詳細に報道するので私が報告するまでもない。

 

現場で見た違和感のある動きをする人物

ただ、その現場で私には予想もつかなかった違和感を覚える事実があった。それは「報道陣を取り仕切る一人の女性 これを①」と制帽を被らないで「NAGANA  POLICE」とプリントされた夜光チョッキを着た「警察官だと思える男性 同②」、警察だと言って人を押し退けて進む「ニット帽の男性 同③」、前記2名と仲良く会話する「男性 同④」この(①~④の)4人の動きがとても目障りで印象に残った。

いったいこの連中は何者なのだろうか?

ビデオ映像を撮影した写真を添付してみる。ピンボケはご容赦。

 

結論から言うと、この四人は、「事故バスに乗っていただろうと思える男性三人をエスコートして、マスコミに囲み取材を受けさせ、その後、二台の自動車に分乗させて同一行動で事故現場を後にした」ことだ。

 

警察はあくまでも「中立の立場」だろう

特記すべきは ①の女性は報道陣に対して徹底的に主導権を持っていた。「フラッシュは炊くな。顔を映すな。名前を聞くな。」等々。

②のチョッキ男性は、「取材を受けた二人(一人はもう一台の方に乗り換えた)や①の女性を乗せた車両を運転して立ち去った。

 

②の男性が運転したのは「警察とは書いてない車両」であった。

 

現在警察はこのバス転落事故の原因を究明中で、間もなく「被疑者」とされた人物を「書類送検」すると報道されている。それは捜査の順番として当然だ。

 

その警察。 例えばこの②の男性が「警察官」だとしたら、囲み取材を受けた男性三人の内二人を乗せた自動車を運転してやってはマズイだろうと思えてならない。

その理由は、簡単。「警察はあくまでも中立の立場でなければならない」であるからだ。

 

②の男性が運転した自動車の後ろには、もう一台あった「三人中の一人が乗り移った自動車」があり、同時に現場近くの駐車場を後にして同一行動で長野方面に立ち去った。

 

「囲み取材を受けた男性三人」が事故バスに乗っていて負傷した「交通事故の被害者」だとしたら、一応の事情聴取を終わったら、「被疑者」を送致(送検)して、事故捜査が警察の手を離れ、裁判が終わって「有罪・無罪」の結論が出るまで「被疑者・被害者」のどちらにも関与しては、「警察の中立性」が保障されなくなるのではないだろうか。

 

警察の捜査は「被疑者(後の被告人)の有罪が目的」であることは間違いない。

その一方である「被害者をいつまでも警察の手のうちに入れておいて、裁判で被疑者を有罪に導く証言をさせようとしている」と思われても仕方がないのではないだろうか?

もしも、一周年の慰霊現場で「被害者に対する報道陣の取材」が予想されるなら「捜査機関たる警察は前面に出ないで、弁護士なり家族なりが対応すればよいことではないだろうか。少なくともこの三人は「大学生」であろうと思う。

 

警察正常化活動の立場として

警察の正常化活動をしている「警察正常化協議会 代表」の私としては、前記①~④の中に一人でも警察関係者がいて、車両も警察所有だとしたら、現在捜査を進行中の「交通死傷事故捜査」の中立性を大いに疑わなければならない。

 

被疑者となる方の肩を持つ訳では決してない。あくまでも事実・真実の解明が望まれる。

そういう意味で、大事故から一周年目を迎えた慰霊現場でとんでもない事実を見てしまった。

 

それではピンボケ写真を4枚程ご覧ください。  

 

大河原宗平の連絡先

携 帯 090-4725-9006

メール hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

報道陣を取り仕切る女性 この方誰?NAGANO POLICEのチョッキ男性警察だ と言って人を押し退ける人物最後はこの車で立ち去った
 

このページのトップヘ