大河原宗平のブログ

2013年09月

 

警察正常化協議会(警正協) (鹿児島県警記事から)

 

鹿児島県内でことしの交通死亡事故が去年より大幅に増えている中、事故をなくそうという決起大会が霧島市の小学校で開かれました。

 

などとデタラメ広報が広がっています。

 

もはや全国警察に「犯罪抑止」や「事故の防止」活動はできません。

国民はいつまでも、警察に騙されることに、終止符を打ちましょう。

 

警察は、隠れた取締りで「点数稼ぎがしたいだけ」の「死に体」組織になっています。

以下の記事を再度ご覧ください。

 

=阿久根警察のデタラメ=

=阿久根警察署 制服警察官のデタラメ=

http://ookawara.doorblog.jp/archives/30857575.html

 

この記事は  「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)」発起人 大河原宗平が書いています。

大河原の連絡先、 携帯電話で、 090-4725-9006です。皆様の御協力をお願いします。記事「大拡散」にご協力ください。


馬鹿じゃないの???
      一日警察署長・・・


 交通安全運動が 始まると あっちでも こっちでも 芸能人やスポーツ選手 等々の 時の有名人に 警察の制服を着せ 「一日警察署長」と書いた タスキをかけ 白手袋で「敬礼」をさせて マスコミに写真を撮らせる。  


 さて、この「一日警察署長」って 何なのでしょうか? 
全く笑わせますね。 民間人が 1日だけ「警察署長」に なれるのでしょうか? そんな 筈はありません。



過去の「一日警察署長 経験者 様」に お伺いしたい。
 Q 警察署長の 「権限発揮」をさせてもらえましたか?   Q 真に警察署長としてできる権限を 考えたことがありましたか? 
Q ご自分の姿に 恥ずかしさは ありませんでしたか?


警察のデタラメに 乗せられて 恥ずかしくないのでしょうかね。 これを 良きネタと 報道する マスコミにも 大きな疑問を 感じます。 


 
 

「一日警察署長」を 見かけたら 大笑いしようではありませんか。

この記事は 「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)」発起人。
群馬県警による でっち上げ逮捕で 懲戒免職被害を受けている 「(免職当時) 群馬県警 現職警部補 大河原 宗平」 が書いています。

大河原の連絡先 携帯電話 090-4725-9006 です。
 検索 ⇒ 「大河原宗平さんを 支える会」 

バカげた 警察広報を みんなで 笑いましょう・・・

阿久根市政の デタラメ 7

ますます 危険を感じる阿久根市の学校給食

徹底した「内部隠ぺい主義」に走る阿久根市学校給食センター野崎清二所長

 

本日(9月27日・金)、ある食品納入業者が「(野崎清二)所長、この間から、まことにスミマセン」と謝罪しながら事務所に入って来ました。

 

阿久根市学校給食センターの野崎清二所長は、「この話は、大河原に聞かせたくない」と必死の判断でこの業者を事務所から連れ出して二階の会議室へ連れて行きました。

 

ここまで、読んで頂いた だけで、本日の、阿久根市学校給食センターの事務所内の様子が目に浮かぶようにご理解いただけるのではないかと思います。

 

この間から、まことにスミマセン」との言葉の裏には、「たった一回だけのミスを謝罪しているのではない」とお感じになりませんか。

 

そして何と28分間も、密室で、業者と所長だけの密談があったのも事実です。

 

何が話し合われたかは分かりません。「大河原の前でミスの話は絶対にしないでください。」とも付け加えられたに間違いはないと思います。この業者が帰るとき、私の顔を見ることなく、帰られました。とっても分かり易い、事実です。

 

ただ、こうして、在った事実を有りのままに公開してしまう「大河原だけには聞かせたくない」との意図が強く働いているとお察しになられるのではないでしょうか。

 

更に付け加えれば、「口止め料(賄賂)」が動く(動いた)かも知れません。阿久根市の幹部職員、学校給食センター所長の周辺は、危険な状態に陥っています。最悪です。

 

阿久根市学校給食センターにおける、「危険な金属片混入事件」などは、私(大河原宗平 阿久根市学校給食センター勤務の参事)がいなければ、絶対に外部に漏れることのない「極秘事実」です。

 

そして、この危険な現象を予防し、安全な学校給食を子どもたちに食べてもらいたいと、真剣に取り組んでくれている石澤正彰阿久根市議会議員の追及が予防効果を発揮してくれていることは紛れもない事実です。

石澤正彰市議会議員には本当に感謝をしなければならないと思っています。

 

 

しかし、阿久根市の西平良将市長、原田正美教育長、野崎清二学校給食センター所長は、この石澤正彰市議会議員による、真実究明のための市議会一般質問に対しても、誠実に対応することなく「事実を隠した答弁」を余儀なくされています。

 

こんな矢先に、また本日、食品納入業者が「謝罪」に入ってきてしまいました。

 

何があったのかは、更に行われるであろう、阿久根市議会での真実究明質問に委ねるとして、文を締めくくりますが、「どこまでもミスを隠し通そうとする阿久根市学校給食センターの野崎清二氏」の実態を、私は「クビを覚悟」で公開いたします。

 

切れるなら切ってみなさい。野崎清二さん。私の首を・・・いつでも待っています。

 

この記事は、(阿久根市長西平良将氏が特命した)鹿児島県阿久根市学校給食センター 未納給食費徴収特命参事 大河原宗平 が書いています。

大河原の連絡先。阿久根市学校給食センター 0996-72-7081(職場)です。



現職・元職の警察官・警察関係者がどんどん逮捕されたり、懲戒処分を受けたりしている。

警察の誇りは 強固な階級制度である」とのマヤカシで 警察内部の不祥事を 「内部告発させない 組織固め」 を徹底していた 日本警察でありますが ここへきて この「神話」が 音を立てて 崩れている。

これも ネット社会が大きく貢献し、個人が情報を発信・拡散できる時代がやってきたからだと 実感している。


デタラメだらけの 警察組織を 徹底的にたたいて 「ほこりを出し切る」環境が 日々近づいています。

これは 「正義ある 国民の 総力の結集」であります。

この警察正常化運動を 民間の力で推進いたしましょう。

心ある皆様のご協力をお願いいたします。


この記事は、 『警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)発起人 大河原宗平が書いています。

大河原宗平の連絡先 携帯電話 090-4725-9006です。

 

 

 

とっても良い環境に向かっている気がいたします

高校受験のため、学習塾に通う中学生を『少年補導ノルマ』にしてしまう群馬県高崎警察署のパトカー警察官。悪徳警官の威圧で『塾の登校拒否』へと発展させてしまう。



中学生に脅威を与える違法・強制的職務質問は、阻止しなければならない。

これも『警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)』の任務と受け止めました。
心を痛められた中学生を救いましょう。



悪徳警官の使用パトカーのナンバーは『・703』「・784(らしいので訂正しておきます。)」の三桁番号だとか。



この悪徳警官には、『少年の健全育生精神』など塵芥(ビジン)のかけらもない。



高崎警察は、『高崎警察署少年剣道教室』、『高崎警察署少年柔道教室』など市民騙しの看板を外して、全警察署員に対する『精神健全育生教室』に切り替えよ。



高崎警察署少年剣道教室、高崎警察署少年柔道教室に通わせている保護者は『こんなデタラメな道場』に通わせておいたら、精神の曲がった子どもにされてしまうこと、に早く気付かなければ危険がいっぱいだ!!



この記事は、『警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)』発起人 大河原宗平が書いています。

大河原宗平の連絡先 携帯電話 090-4725-9006です。


 


 


 


 

このページのトップヘ