大河原宗平のブログ

2013年10月

「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)」支持者から多くの支援メッセージをいただいています。本日いただいたメッセージを以下のとおり、紹介します。  裁判所が警察の逮捕権を厳格にチェックしなければならないのに、警察のなすがままに、そのまま逮捕状を出してしまう「システムがデタラメ」なのです。「裁判所が最大の犯罪組織」です。

(大河原さん)ご無沙汰しております。今日(10月27日・日)のNHK・ニュースで「警視庁が覚醒剤と誤認して逮捕」し、精密検査してみたところ、いわゆる「脱法薬物」だったとのことです(現行法では不可罰)。 担当した警官は、いわゆる「簡易検査を施し、現行犯逮捕した」とのことですが、この種の誤認逮捕は、最近、頻発しているとの事です。 逮捕時前の違法薬物(禁制薬物)である客観的な認定、確認が「杜撰ではないか」、との指摘があります。近年、禁制薬物に紛らわしい物がとめどもなく増加し、試薬等を更新し、精密な類別、判定が望まれるが、"疑わしきは被告人(被疑者)の利益を"との刑事捜査の原則を唱う法諺(ほうげん)を採用し強制捜査は慎重を期す事を望む。 それとも、安易な逮捕も是認、黙認か。一般の市民生活に一石を投ずるケースです。 それと、市民団体が恒例で行う(群馬)県庁前でのビラ配り&街頭宣伝は、一応、(群馬)県警は許可の有無を確認するが、「憲法21条を云々・かんぬん」すると、スゴスゴと退却したそうです。これを機会に憲法や関連判例(有楽町駅前ビラ配り事件、東金事件等)のレクチャーを御用弁護士らから受け、再学習し、了見を改しゅんしたのか。それとも、再チャレンジの為の戦略的撤退か。

以上のとおり、投稿をいただきました。大変興味深い、貴重はご意見ですので、皆様に紹介いたします。

 大河原宗平の「一言コメント」。=警察の「検挙点数主義・検挙ノルマ主義」の弊害です。捕まえたら、逮捕したら「勤務成績優秀」との評価が警察内部で横行している弊害です。
小学生と同じで「良い点数をとれば、先生や親から褒められる」ことの延長線が日本の警察です。=

 この記事は、「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)」発起人、大河原宗平が書いています。
大河原の連絡先。携帯電話 090-4725-9006 です。
群馬県警の「裏金告発者・大河原宗平を支える会」のHPも検索あれ・・

また、大河原宗平に対する メールは こちらでお願いします。
 hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

早速、出てきました。私がブログを掲載してから、初めてでしょうか?

裁判官も、「セクハラ」で。


福岡地方裁判所の裁判官が、女性の司法修習生にキスをするセクハラ行為をしたとして、戒告の処分を受けて、この裁判官は22日付けで依願退官した。

この裁判官は、福岡地方裁判所の高橋信慶裁判官(40)。



皆さん、もう、裁判官(裁判所)も「人間」で「デタラメ公務員であること」にお気付きですね。



裁判所(裁判官)に「デタラメ判決」を受けている方、あらゆる媒体で「裁判所・裁判官のデタラメ」を追及・拡散しましょう・・・


この裁判官「高橋信慶(40歳)」は、どこの出身でしょうか?

この裁判官「高橋信慶(40歳)」は、どこに住んでいますか?


どなたか教えてください。私が抗議に行きます。

両親。兄弟。妻の実家。子供の学校まで「抗議行動」に行きます。

どうか、教えてください。


裁判官に犯罪を犯す者がいる「この日本」が「美しい国だ」と言えますか。

これは絶対に許してはいけません。


デタラメ裁判の追及が、今からが始まります。


私が、住んでいた「群馬県高崎市」でも「前橋地方裁判所 高崎支部」の「女性裁判官」に対する「セクハラ」がありました。


内容は、私が立ち寄ろうとした飲食店から「前橋地方裁判所 高崎支部」の「裁判官・書記官ら」の一行が飲食を終わって帰ろうとしていました。

そこに私が出くわしました。


そこで耳にした、目にした「セクハラ」とは。


男性書記官:「タクシーが来ましたけど駅まで5人は乗れませんね。」

男性裁判官:「いいよ。(女裁判官は)俺の膝の上に乗れば。


と言って、運転手も含めて、乗車店員5人のタクシーに「前橋地方裁判所 高崎支部」の「裁判官・書記官ら」5人が乗って行ってしまいました。


勿論、「女裁判官は、男性裁判官の膝の上。」

これは、乗車人員5人のタクシーに対して「6人乗った」、「定員外乗車の道路交通法違反」でもあります。


参考ですが、この「膝の上に乗った女性裁判官は、酒が好きなようで、高崎市内でよく酒を飲んでは、自宅に帰らず高崎市内のホテルに泊まり、翌朝、ウサギのような、真っ赤な目で裁判所にご出勤」というのが常でしたね。よく見掛けました。


まだ有ります。「前橋地方裁判所」も酷いです。

前橋市内の飲食店バスを裁判所構内まで迎えに来させ、裁判官・裁判所職員が乗り込んで飲食店まで。

これは、「白バス行為」で明らかに法律違反です。そろそろ忘年会のシーズンです。

全国各地の裁判所構内でこのような風景が見られるのでしょうね?


しかし、「判決を下す、神様であるべき裁判官・裁判所」がセクハラや定員外乗車の道路交通法違反の「犯罪行為」を行うとは・・・許せません。


どこまででも 責任を追及しましょう。


この記事は  「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)」発起人 大河原宗平が書いています。

大河原の連絡先、 携帯電話で、 090-4725-9006です。皆様の御協力をお願いします。記事「大拡散」にご協力ください。

なお、大河原に対する メールは こちらまでお願いします。

hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp


群馬県警の「裏金告発者・大河原宗平を支える会」のHPも検索あれ・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンポジウムの ご案内 (拡散 希望)

 


‘‘あまりにも多い警察の不祥事に        意見 有り‘‘

 


名称:(現時点 仮称)「 道路交通法 問題 シンポジウム 」 

日時:11月23日(土) 午後2時~4時 

場所:東京・新宿区 若松町 12-6

「新宿区若松地域センター 2F 第1集会室」 

  電話:03-3209- 6030

     最寄駅:都営 大江戸線 若松河田駅 より徒歩2分
参加費:資料代1人 500円 (事前申込不要)

パネラ~:柳原三佳さん 今井良一さん 他の予定 

参考:近々「週刊大衆」に掲載か??

関連サイト:http://www.m-bike.sakura.ne.jp/?cat=4


この記事は  「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)」発起人 大河原宗平が書いています。

大河原の連絡先、 携帯電話で、 090-4725-9006です。皆様の御協力をお願いします。記事「大拡散」にご協力ください。

なお、大河原に対する メールは こちらまでお願いします。

hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

「警察正常化協議会(警正協・けいせきょう)」の発足目的を 正しく 認識いただいている方から 下記のコメントをいただきました。 
完全なる民間独立「警察監視機関」=警正協=の必要性をご理解いただきありがとうございます。
投稿いただいた コメントを 以下に紹介いたします。

検挙至上主義 ノルマ主義の警察活動=」 を阻止しましょう。

<投稿引用>
警察はトヨタが首都高で行った車の自動運転の実験が気に入らないらしい↓

http://biz-journal.jp/2013/10/post_3120.html?utm_content=buffer3a193&utm_source=buffer&utm_medium=twitter&utm_campaign=Buffer

まぁ、警察としては自動運転が一般化したら、飲酒運転やスピード違反の検挙が出来なくなっちゃうだろうし、事故も減って交通安全運動も出来なくなるからな。

トヨタは世界の人類のために自動運転の開発にチャレンジしているのに、自分たちの権限が減るからそれを潰そうとする反日警察!

<投稿引用終了>

この記事は、「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)」発起人、大河原宗平が書いています。

大河原の連絡先。携帯電話 090-4725-9006 です

 


群馬県警の「裏金告発者・大河原宗平を支える会」のHPも検索あれ・・

警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)



裁判官こそ 最大 の 犯罪者

裁判官こそ 最大 の 冤罪犯罪者

裁判所 の 大堕落



警察に犯罪をデッチ上げられ、検察がこの「警察の犯罪」を追認し、やはり 裁判所までが 善良な国民を摩擦する判決があったようです。 
これが この国の 公権力犯罪 の実態です。



以下、国家の権力犯罪に正面から立ち向かっている「勇気」ある同志からいただいた投稿を 引用させていただきます。



判決は、「有罪」でした。証拠の矛盾も何もかも訴え続けてきた事に触れてない内容でした。警察官の不正を認定するなんて裁判所では出来なって事でしょうね。



デカい相手と闘って最初から勝ち目はないのかも知れませんが、証拠の矛盾を調べない検察と警察のやり方に更に闘志が沸きました



不正をしても警察官が言う事なら正になり真実を訴えても被疑者だったら取り合わない

そんな事を今日裁判所が認めました。勿論控訴します。



裁判官は私が証拠と共に起訴前から訴えていた警察官の不正について「警察官がそのような事をするとは到底考えられない」と判決文にて言っていました



以上引用終了。

裁判官の出鱈目で苦しんでいる同志の結集を希望します。



この記事は、「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)」発起人、大河原宗平が書いています。

大河原の連絡先。携帯電話 090-4725-9006 です



群馬県警の「裏金告発者・大河原宗平を支える会」のHPも検索あれ・・


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

このページのトップヘ