大河原宗平のブログ

2014年06月

検察官の 起訴猶予権限 乱用阻止(2)

冤罪なのに 検察庁・検察官に 窃盗被疑者(扱いされて) 苦しめられた方が 群馬県にも 居りました。

冤罪なのに 検察庁・検察官は 「不起訴:起訴猶予」で その秘密を 隠ぺいしました。

窃盗被疑者(扱いされた) 群馬県の 丸山 豊枝 さんの 場合。

    前橋地方検察庁 検察官検事 山崎文子 検事 様

http://blogs.yahoo.co.jp/amekaze423/20282488.html

検察官の起訴猶予 権限乱用阻止
    送致された事件は 全件裁判に

    警察の裏金告発者
    警察正常化協議会   大河原宗平宣伝カー(2)

大河原宗平の 宣伝カー 紹介。

「不起訴・起訴猶予」 の中にこそ 冤罪が 隠されている。

http://ookawara.doorblog.jp/archives/38491970.html

この事件について 少々の 解説をしたします。

http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/related_article/from_article/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTQwNjI3LTAwMDAwMDczLW1haS1zb2Np;_ylt=A7YWPkG7DK5TZCgAy9nyluZ7

記事中に
「ところが、大津北署の担当者が再逮捕を警察庁に報告しようとしたところ、既に松阪署がこの窃盗事件を別の容疑者が関与した余罪として検挙の報告をしていたことが判明。両署の担当者が話し合い、松阪市内で起きた別の未解決の窃盗事件2件を松阪署は融通した。」

とあります。 このことが「検挙ノルマ主義」の現れなのです。
普通の場合 「泥棒被害」とかを受けると 「被害届」という形式で 警察が処理していますが、 実は この被害届を 受理した時 「被害届の捜査書類」とは別に 「財産犯認知票」という 「統計のための統計様式」 を 作るのです。

そして、似たような手口の 犯人を 「逮捕 または 任意検挙」 すると 別の事件のである 「財産犯認知票」を 抜き取って 「警察の 検挙統計だけ」に使ってしまうのです。 
実は 別の事件の捜査書類を 抜き取って 「犯人が一致した」と 「余罪」扱いするのが 本来ですが 警察内部では この統計表を 「早い者勝ちで抜き取る」のです。 

それが 「検挙実績。検挙ノルマ。」という 成績になり 何ともデタラメなのが 毎年発表される 「検挙率」という数字に 計上されてくるのです。

実は 実際に犯罪は 解決されていないのです。 統計だけの 検挙件数の数字が 一人歩き されているのです。  こんなデタラメは 日本全国 津々浦々までの 「盗犯を扱う 捜査一課とか 刑事一課」とかと呼ぶ 部署の 「内勤刑事」が 行っています。  

ここで 処分を受けた 警察官どもは 「誰でも どこでも やっている。私は このやり方を 先輩刑事に教わった。」 と 暴露すればいいのに。 それをやったら 警察組織に残れないのが つらいところです。 

この記事を書いた 記者は ここまで 良いネタが 入ったのですから、あと一歩 進めて 真実を 追及すれば 読者には 分かり易いのですが 「そこまでやったら記者も 警察に 出入禁止処分」となりますからね・・・

ここにも 警察・検察・裁判所 の デタラメがあった。
この種事件では 一般の ドライバーには 「起訴猶予」はない。 何十万円かの 罰金は免れない。
しかし、「検察・警察」という 刑事罰を 自由にもてあそんでいる 「デタラメ 公務員」同志の 馴れ合い・かばいあい の証です。

検察官が勝手に 「起訴猶予」などと勘弁しないで この種事件こそ 「裁判所に 起訴(裁判を提起)」して 裁判官に 「警察官を 処罰してみろ」と 裁判所の責任を追及するべきであろう。  
デタラメ 検察庁、デタラメ検察官。  検察庁・検察官に 「不起訴判断の権限・特権」 を 与えては 駄目なのだ。 
だから 警察・検察・裁判所、 その他公務員の 犯罪が 無くならないのだ。
とのコメントも 聞き飽きている。

京都府警監察官室の「再発防止に努める」とコメント
マスコミは 「京都府警監察官室の 「誰が コメントしたのか」まで 実名を書くべきだろう・・・

http://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A2RhZPKPC65T1T8AHwsy4TMj/RV=1/RE=1404001551/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=4ChegDdrYaFOw5RUe9QfjehnNsY-/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTQwNjI4LTAwMDAwMDA2LW1haS1zb2Np/RS=%5EADAcqI5M0qwjqveUlz_1D0mq3iPm0U-

<スピード違反>145キロで緊急走行…パトカーに赤切符

毎日新聞 6月28日(土)7時10分配信

 赤色灯を点灯しサイレンを鳴らしてもスピード違反で赤切符--。京都府警高速隊員が運転するパトカー兵庫県内の高速道路で緊急走行中、速度違反自動監視装置(オービス)に速度45キロ超過と測定され、兵庫県警に道路交通法違反(速度超過)容疑で検挙されていたことが27日、分かった。府警は5月中旬、このパトカーを運転していた20代の男性巡査長を所属長訓戒、同乗の40代の男性巡査部長を本部長注意とした。警察庁によると、緊急走行中のパトカーが速度違反で検挙されるのは極めて異例という。

 ◇兵庫の高速道路で

 府警などによると、2人は2月2日午後2時50分ごろ、高速道路上で発生した当て逃げ事故の通報を受け、事情を聴くために通報者が待機する中国自動車道西宮名塩サービスエリアに向けて急行。その際、高速道での緊急時最高速度が時速100キロ(取り締まり地点の法定速度は80キロ)だったのに145キロで走行した。府警高速隊は「被害の全体像が見えない中、一刻も早く通報者の元に到着しようとしてしまった」と説明している。

 道交法では、交通違反車両の取り締まりや凶悪犯の追跡など、警察車両の緊急時最高速度の超過を例外的に認めているが、検挙した兵庫県警では「現場に早く到達しなければならない緊急性があるなら、他府県警と連携すればよいことで、速度超過の正当性はない」と判断。

3月14日に神戸区検に書類送検し、同区検は同25日に不起訴処分(起訴猶予)とした。

府警監察官室は「再発防止に努める」とコメントした。【岡崎英遠、土本匡孝】


腐りきってる 裁判・司法 

警察がデタラメ
  検察もデタラメ
    
裁判所は もっとデタラメ
  その裁判を もっと 私利私欲に使う 弁護士界
           それを 追認させる マスコミ

阿久根市における 選挙開票作業の デタラメ

泥棒が金庫番をする。 阿久根市役所の選挙管理
http://blog.livedoor.jp/jijihoutake/archives/54867293.html

  • Trackback(0)

      大河原宗平氏が見た阿久根市選挙管理委員会の現実大河原宗平

      平成22年11月22日 私が 阿久根市の総務課長 兼 選挙管理委員会事務局長就任した時は既に、 竹原信一阿久根市長に対する リコール住民投票 が 始まっており 阿久根市役所には 期日前投票所が 設置されていました。私は、警察官からの転職の身であり 行政の 「総務課長 兼 選挙管理委員会事務局長」は 勿論 未経験者ですが 「私は やれる自信を持っていた」 のです。

     

    当時の 阿久根市の 「選挙管理委員会」は  委員長「鳥飼公貴(こうき)さん」 他の委員が 「長尾美幸さん」、「有田勇吉さん」、「芝越博美さん」の 4人だったと記憶しています。 

     

    連日、阿久根市役所3階の 選挙管理員会事務局に 詰めている 上記4名の 阿久根市選挙管理委員会委員に対して 私は 「私たち 市役所職員は 事務局職員です。 選挙管理委員の 指示で動きます。 的確な 指示を出してください。 少なくとも 市役所職員である 事務局員の指示で動くような 選挙管理員で いないでください。」と はっきり言い切りました。

     

    それまでは 市役所職員に 全て 「オンブ に ダッコ」で 帰る時だけ 判子をだけ押して 「報酬泥棒」をしていた委員らは面食らったに違いありません。 

    早速、 私は、選挙の投票所に 公費で配布していた「茶菓子代の支払いにストップ」をかけました。 当時の選挙管理委員会委員長「鳥飼公貴(こうき)さん」は 私に対して「私が 私用で 買い取ります」と 「納入業者に 返品できなかった」ようで 自腹を切ったようです。 

     

    いよいよ 竹原市長リコールの開票の時が来ました。 市民会館に 選挙管理委員会の委員長として「選挙長として」入場した「鳥飼公貴(こうき)選挙管理委員会委員長」は、 市役所職員である 選挙管理委員会事務局員が 起案した 挨拶文を そのまま 読みあげるという 無能さです。 これで開票作業がスタートしましたが そこで 番狂わせの 「期日前投票箱だけの開票」という運びとなりました。

     その結果、「投票者数 と 投票数」が 「1票合わない」というアクシデントが起きました。

    二度目の数え直しの結果も 同様結果でした。 その結末は 阿久根市役所職員である 選挙管理委員会事務局員から 「期日前投票の 最後の入場者を パソコン上でカウントしないで 投票券を 渡したことが原因です」との 理由で 決着をつけて 鳥飼委員長が 開票所を取材していた マスコミに説明・謝罪して 何とかその場をしのぎました。

     

    そして 全投票箱の開票となりました。 今度は、当日までの 総投票者数 と 投票された投票用紙の数が 「366票だったか 433票だったか 633票だったか(記憶曖昧)で 合わないことが 発覚」。

     一晩の開票作業で 2つ目の 大きなミスが 発覚。 開票作業に 従事していた 市役所職員が 「全投票所の 時間帯別 投票者数」を 「電卓」で 計算し直しました。

     

    その結果 「パソコンで自動計算していた 時間帯別 投票数の 表計算が 違っていた」との 結論に こぎつけて 委員長が 二度目の 「説明・謝罪」となりました。 

     いマスコミ記者から 「どこの表計算プログラムを使ったのか? エクセルか?」などと 当たり前と言えば当たり前の質問が 飛出ししたが 馬鹿げたことで 市役所職員が 使い易いように 「縦横の表計算式」を 入れただけの簡単なものですし、 当然 報酬をもらうための 判子を押すだけの 「選挙管理委員会 委員長」が説明できる筈はありません。

     この 不手際で 開票作業は 午前0時を回り 選挙管理委員も 市役所職員も 2日分の 報酬を 貰う 有り難い 運びとなりました。

     

     その結果 「選挙管理委員会 委員長」としての 責務が務まらない 「鳥飼公貴(こうき)さん」は 辞表をだしたのです。そこで 慌てたのが 残された 委員です。 当面 次の 「委員長を 互選」 しなければなりません。私は 4人が 選任された 順番を 把握していませんでしたので 「誰が次の委員長かな?」と 興味を持っていましたが、 市役所職員の経験を有する 「有田勇吉さん」が就任することになりました。

     

    「有田勇吉さん」は 「市議会リコール運動署名」において 主に 「反竹原派市議」が申し立てた「異議審査」について 全く「異議申し立てに該当しない事案」を 「署名した当人を呼んで確認しなければ 本人の署名だか 分からないから 選挙管理委員会に 呼び出す」との デタラメ指揮をしたのです。

     

     その総数は 確か「900人(だったかに)及び 1人当たり (確か)4600円の税金(実費弁償とかいうと思います)を 支払わなければならない」という デタラメでした。      

    このデタラメ指揮に、 市役所職員としての 私は 「こんなデタラメ審査で 市民の税金を 何百万 無駄使いするのだ」と 苦言を 突きつけました。

     その直後に 「有田勇吉さん」も 辞表です。

     

    バタバタと 委員長が辞任する 阿久根市の 「選挙管理委員会 委員長」。

    私が「総務課長 兼 選挙管理委員会事務局長」に 就任して 4人の内 2人が 辞任です

    次の委員長には「芝越博美さん」が就任しましたが、私は 古参だと思われた「長尾美幸さん」に 「そろそろ あなたが委員長の順番ではないですか?」と 申し向けましたが その後も 委員長に就任した 様子はないですね。

     

    選挙管理委員会委員は、 市議会において 4名の「補充員」が 承認されていますが バタバタと 代わる 阿久根市の 選挙管理員会。

     2人 抜ければ 2人が 就任しますので そのとおり 2人が 補充されて 阿久根市の選挙管理委員会は 形を保っていましたが 鳥飼氏が辞任で「K氏」。 有田氏の辞任で「松下輝男氏」が委員になしました。

     

    松下輝男氏は 「自らの 選挙管理委員会が 市役所職員に対して 開票所に持ち込みを 禁じた 携帯電話」を 自ら持ち込み 「開票所内で 携帯電話を使用したこと」を 私に 目撃され 、「就任後4カ月足らず(?)」で この方も 「辞任」したのです。

     何と、私は 「阿久根市の総務課長 兼 選挙管理委員会事務局長」に就任して5か月足らずで 阿久根市の選挙管理委員 4名中 3名を 入れ替えたことに なってしまいました。

     

    この様に 「外部の委員」なるものは 市役所公務員なしでは 職務が取れないのです。

    言い換えれば 「市役所職員が 仕切っている 委員会」だと 明言します。



このページのトップヘ