久々に 投稿です。 忙しくて ブログを 休んでおりました。 書きたい記事は 山ほどなんですけど・・・

さて・・・

私も こんな裁判官に 巡り合いたかったものです。 群馬県警が 証拠のデジタル・ビデオテープを改ざんしていることは 明白なのですが 裁判官に負けました。 
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0CB8QtwIwAA&url=http%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DEBvAOmeVRUI&ei=ZLARVJSkHYSi8AXdloCYBQ&usg=AFQjCNEDLR2nFU_y9Tv787c4t7PIz51zJQ&bvm=bv.74894050,d.dGc


http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014091100924

わいせつ事件で男性に無罪=捜査書類虚偽記載に苦言-横浜地裁

 自宅で寝ている長女と次女の体を触ったとして、強制わいせつなどの罪に問われた横浜市の男性(41)の判決が11日、横浜地裁であり、田村真裁判長は「被害証言の信用性には合理的な疑いが残る」と述べ、無罪を言い渡した。
 田村裁判長は長女らの証言について、「核心部分で不自然」と指摘。男性が犯人であると特定した理由に、見逃し難い疑問があると判断した。
 公判では、捜査を担当した神奈川県警鶴見署の巡査部長が捜査報告書の作成日を偽っていたことが判明。裁判長は判決言い渡し後、「公文書の重要性を認識していない。社会的信頼の回復に努めてほしい」と苦言を呈した。2014/09/11-20:31