大河原宗平のブログ

2016年05月

私が 群馬県議会議員全員に 郵送で届けた(筈の)アンケートは 返信をお願いした期日(5月30日)までに 誰一人として返事をしてこなかった。
今度は郵便で再送達しました
これって 何が起こっているのだろうか?

群馬県議会議員全員が 党派も会派もなく 「仲良しグループになっている」ってえことなのか?

それとも 群馬県議会議員全員50人に対して 一括して配達された郵便物を 群馬県庁職員である 議会事務局職員が 配布しないで 隠してしまったのか? 

その真意は 全く不明である。

ただ一つの事実は 50通届けた(筈の) アンケートが 一通も返信されていない ということなのだろうか?

それとも 考えたくはないが 「大河原が発送した郵便物を 日本郵便が 群馬県議会に配達しなかった」ということなのだろうか?
県議宛て アンケート発送
考えることはたくさんある。

まともに 期日内に 返事をいただいたより もっと 沢山の 不思議が追加され 追及の手段が 増えたということだ。

 順次このブログで 公開していきます。

群馬県議会事務局 次長 小暮和巳 様

私からの 手紙を 読んでいただけたでしょうか?

内容は  添付写真のとおり 簡単なものです。

 

貴殿から頂いた回答文書について同封のとおり 私のブログ「大河原宗平のブログ」で紹介させてもらっています。

 小暮和巳 様

どうぞブログをご確認の上 ご意見等があれば お返事をください。 お待ちしています。

 

平成28年5月26日

大河原 宗平群馬県議会事務局 次長 小暮和巳さん
 

 

群馬県議会事務局 次長 小暮和巳 さん 2

群馬県議会事務局 次長の 小暮和巳さん2(に) 県議会議員全員宛てのアンケートを 突っ返されましたので 今度は 日本郵便で 再発送しました。 
今度は郵便で再送達しました 

郵送料金4100円が更に追加で発生してしまいました。(1通82円 × 50通 = 4100円)

 発送した日は 2016年・平成28年 5月14日(土)でしたので 翌日の15日(日)には 県議会庁舎に配達されたところですが 日本郵便は配意が高いので 議会庁舎が休日となっていることを知って 翌16日(月) つまり今日ですが 配達が完了しているはずです。

 群馬県議会議員各氏からの回答・返信は 5月30日までとさせていただいていますので 何人がまともな回答をしてくるのか 楽しみです。

群馬県議会議員の正義感を問う質問書です。

群馬県議会事務局 次長 小暮和巳 さん

 

群馬県議会事務局 次長 小暮和巳さん群馬県議会事務局総務課 次長 小暮和巳さんには 日本語の会話が通じないようだ。

 

平成28年5月9日 群馬県議会議員全員に対して配布したい「裸文のアンケート」を、返信用の封筒を付して群馬県議会事務局に配布依頼したことは、私のブログで紹介したとおりですが、何ともこれを「各議員の机の上に置くだけですけど 届けられます」と受け取った群馬県庁職員である「県庁役人」が「配布できない」と突っ返してきた。

 

このことも 当ブログで紹介してあるとおりですが、この話を電話で受けた 私・大河原宗平は「配布できない理由とあなたの氏名を明記してください」とお願いしておいた。

ところが届いた文書には下記のとおり「アンケートの実施について当事務局から意見があるというものでございません。」と書いてきた。

 

馬鹿を言ってんじゃないよ。

県庁役人になんかアンケートを求めてんじゃないよ

 

そこの議会庁舎に登庁する「群馬県議会議員にアンケートを求めてるんだよ

 

群馬県庁の役人「小暮和巳さん」には日本語が通じなかったようだ。

参考までに文書の写真を貼付してみるとともに、原文の一部を引用してみましょう。

 

平成28年5月11日

大河原 宗平 様

 

群馬県議会公用車使用に係るアンケートの全議員への配布依頼について

 

先日、大河原さんからお預かりしましたアンケート用紙につきましては、当事務局では配布いたしかねますので返却させていただきます。

 

なお、ご承知のこととは存じますが、アンケートの実施について当事務局から意見があるというものでございません

担当 群馬県議会事務局総務課 次長 小暮和巳 

TEL 027-226-4111

 

 

と こんなものだった・・・

 県議宛て アンケート発送

このページのトップヘ