大河原宗平のブログ

2016年12月

高崎市の行政はおかしいことになっている

「市街化調整区域」といって農地の転用や建物の建築に制限がかかっているが これが この制限をチェックする職に就いているような方や 高崎市と利害関係があるのではないかと疑うような団体・企業には極めてあまい、と言うか 「ノーチェック」でことが進んでいるような気がして止まない。

 一例を取り上げると 市街化調整区域で農業を営むある方が「農産物加工場」として農地に建物を建てた。ところがその直後に大規模サッシ会社と「賃貸契約」でその建物を貸して賃料(1か月30万ほど)を得ている。
 その農地所有者は「農業委員会の委員」を務めたことがある。

 また「公益社団法人高崎シルバー人材センター」も市街化調整区域内の民地庭先に「機械・器具収納庫」を建てて使用している。 民地の所有者は「貸し賃を得ている」との風評。

こんな現象が高崎市には いたるところにある。

農業委員は何をしているのか? どこを見ているのか? 税金から「報酬をもらっている役目を果たしていない」と言わざるを得ない。

高崎市に複数立っている看板は何を意味しているのか?
「監視をしている」とのジェスチャーなのか?

一方で ドライブンンの建物「除去命令」騒ぎが起きていることも新聞紙上で明白だ。

どうなっているのだ。高崎市の行政は・・・ 

そこで3枚の写真を紹介します。
① 「農地等の転用には許可が必要です」
② 文化シャッター高崎営業所(所在地:高崎市下大類町500番地1)
③ 公益社団法人高崎シルバー人材センター「機械・器具収納庫」(所在地:高崎市下大類町64番地付近の民地)
農地等の転用には許可が必要です文化シャッター高崎営業所高崎シルバー人材センターの倉庫?
 

個人情報が 保護されない マイナンバー制度

      本日はこんなニュースが・・・

                                 2016/ 12/2() 14:35配信

やはり 国民総背番号制度 はダメだ

 

 “マイナンバー不正取得  全国初逮捕


 上司の女性のマイナンバーカード情報を不正に取得したとして、IT会社に勤務していた容疑者(25)男が逮捕された。

 警視庁によると、逮捕されたIT会社元社員の容疑者(25)は、今年2月、社内ネットワークを利用して自分が勤務する会社の女性役員のパソコンに保存されていたマイナンバーカードの画像をコピーし、不正に個人番号を入手した疑いが持たれている。

 容疑者は入手した画像を社内のグループチャットに貼り付け、他の社員2人と「1000枚くらい紙で印刷して駅に貼って歩こうかな」などとやりとりしていたが、調べに対し容疑を否認しているという。

 マイナンバー法違反容疑での逮捕は、全国で初めて。

学校給食費を払わないのは 「無銭飲食だ」 と高崎市教育長が答弁

 

12月2日、本日開催された 高崎市議会の一般質問での 木村純章市議の質問に対する答弁に

 高崎市の教育長は「学校給食費は子供が給食を食べて支払う契約だ。我々が食堂に入って500円のカレーを頼めば 食べ終わってから500円を支払ってくれる前提でカレーの提供を受けている。学校給食も同じで 食べたら支払う前提で提供している。支払わないのは 無銭飲食(の詐欺罪)だ=要旨=」との考え方を示した・・・

 

教育現場である学校での給食費の話で「無銭飲食」との言葉が出たのは驚きだ。

 

高崎市議らの 政務活動費の不正請求は詐欺の犯罪ではないのか?

教育長はどう思うのだろうか?

自分たちは詐欺まがいのことはしていないのかな??

 

ところで 「教育長」って なんていう名前の人だろう 後で調べて修正したいと思います。(お写真の飯野眞幸さんと言う人で飯野かな?)
高崎市の教育長ってこの方ですか 飯野眞幸さんで飯野
いっその事 学校給食費は 無料から再スタートしてはどうだろうか?

「子育てするなら高崎市のおいでよ」と・・・
給食費無料化宣言
http://ookawara.doorblog.jp/archives/48879322.html

このページのトップヘ