大河原宗平のブログ

2018年05月

「暗記型」重視の 日本の教育制度が悪いと言うしかない。

 

かつて フィンランドの教育が日本でブームになった時期があったそうです。

内容は 「発想力・論理力・表現力・批判的思考力・コミュニケーション力」を学ぶことをテーマにした教育だったそうです。

 
ここで4つ目に言われている「批判的思考力」が身に付く教育が行われていたら 大学生にまでなった人間が 「まさか 相手チームの選手に 故意に傷害を与えるまでの行動に出ることはなかっただろう。

 

例えば 多数の野球部員を有する高校で 「ベンチに入れるかは入れないか」の境目の選手候補が 自分のチームのライバルに 暗闇で重大な傷害を負わせるような犯罪行為をしたに等しい。

 

ルールの中で競技をする スポーツ選手のやる行動とは考えられない。

 

やはり「暗記型」重視の 日本の教育制度が悪いと言うしかない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000167-jij-spo


 この日本から 「国」が消えた。

 

 

大相撲 5月場所(夏場所?) 2018年05月22日

横綱 鶴竜 対  前頭(元大関?)琴奨菊 戦

 

横綱が変化した

鶴竜だけは「変化しない」と思っていたが・・・

 

国会はウソをつき放題

 

この日本から 「国」という文字が消えた。

 

技 政 会 民 土  その他 何でも「国」の付く言葉

 

 は 黒塗りで隠してあるだけなので 外してご覧いただけます。「国」という文字です。

この顔はどんな顔に見えますか

賃貸マンションから退去要求を受けているのか 訳が分からないから公開してみます。


高崎市にある 観音山ハイツという古~いマンションに住んでいます。

マンション所有者から長年借家として。

 観音山ハイツ

ところが最近変なことが起こって参りました。

マンション管理組合とか 理事会とか 何だか訳のわからない連中が 変な動きをして 私をこのマンションから追い出したいようです。

多分 政治的背景ではないかと思いますが その真意はわかりません。

マンション所有者が 単に 「家賃を上げたい」と考えているのだか?

まあ 何でもいいのですが 下記の様な動きがありますので このブログをお読みの方に 想像してもらうのが良いのかな? と思って アタリだけ公開してみます。 ●●●● 様は個人情報ですのでこのような表記にしました。

 

 私の部屋の張り紙

●●●● 様

 

 平成30年日付けの

7月31日までに観音山ハイツ01号室の退去をお願い

致します。・・・法的措置を執らせていただきます。」

云々のお手紙 拝見しました。

 

観音山ハイツ(管理組合を含む)で 何が起こっているのか詳細を知ったうえで ウエブ等で事実を公開するのに好都合と考えますので どうぞ 法的措置 とやらを 執ってください。

 

平成30年12

401号室の借主 

大河原 宗平
受領拒否 全ては法的措置(判決)をお待ちします

<2018年9月22日 追記>

観音山ハイツ保全組合とか言う団体の「秘密会議」が2018年8月19日あったらしい(写真参照)です。

 観音山ハイツ保全組合の秘密会議

席上 どなたかから「401号室の大河原を追い出すために 署名を集めるので協力してもらいたい」旨 発言があったらしいです。(ちゃんと教えてくれる 嬉しい方もおられます)

 

面白いじゃないですか・・・

署名の理由 署名の真意の有無 等について 「法的措置(つまり 裁判所)」で証人尋問してあげましょう。

その結果は「裁判調書=実名入り=」に記載されます。これを公開してあげましょう。

それでも 数か月 法的措置(訴状)を待っているのですが 一向に届かないのです・・・・

 

なお この話に興味をお持ちの方は 法務局で「高崎市 片岡町 三丁目2166-3 観音山ハイツ401号室」の登記簿を取得してみてください。

各室個別の登記になっている筈ですので 物件の所有者が出てくると思いますよ~

 

この部屋の追い出し作戦には 今ここでは公表しませんが 全く別の理由があるのです。

その騒ぎに巻き込まれた 調子者が 「そうだ そうだ」と 乗っかったようです。

特記すべきは 2人の女性です。

 

先ず1人目の女性(「婆ちゃん」と表記しておきましょう)は 自分の娘(成人)がごみ収集日以外に段ボールごみを投棄したことを私に見られたこと や 自分の娘(成人)の 男の子(孫にあたるのだと思います)が元気者で 婆ちゃんの自動車に乗り込むのに ドアが閉められているのに 窓ガラスから乗り込む という凄いことがあり 蹴った足の先が 隣に停めておいた私の自動車の左ドアミラーであり 私のドアミラーは自動開閉が壊れてしまいました。 でも 私は何にも指摘していません。近所のことですから・・・

こんなことを 隠ぺいするために 私が居てはまずいので「出ていけ」に協力しているものと思います。

 

もう一人も女性で 模範生のように 時たま敷地の草木の枝払いなどをしているようですが こちらも そのゴミを ごみ収集日以外に収集場所に放置する有様です。

 

こんな 非常識な女性が 「出ていけ作戦」に乗っかっちゃった(?)のではないかと 痛感する次第であります。

 

 

そもそも 家主が「出ていけ」と主張し始めた理由は 全く別のところにあるのですが そ・れ・は「訴状=裁判所=」で主張し合いましょう・・・

 

訴状が届いたら 順次公開して参ります。お楽しみに・・・

 






公務員には 税金から給料をもらっている という認識はないのだろうか?

 

「総理大臣秘書官」という この上ない肩書の方が 首相官邸を訪問した人に面会し 名刺も渡していない。 

そんな筈はない。面会する場面を想像してほしい。

両手で差し出す白い紙「名刺」だ。

自分の顔を覚えてもらうより先に 手から先に相手に面接するのだ。その手に持たれているのが「名刺」だ。

名刺が先歩きする公務員
それを何とも「名刺交換もしていない」。笑わせるぜ。

 

愛媛県知事は正当だ。

総理秘書官という役職に就いた「国家公務員」。

税金から給料をもらっている という認識はないのだろうか。

 

国会議員 裁判官 検事 警察 その他 全ての 国家公務員 地方公務員 等には 税金から給料をもらっている という認識はないのだろうか?

 

どこの都道府県・市町村へ行っても 目立って大きい建物は「行政」のもの。

これも 税金で建てられ 維持管理されている。

 

パトカーや消防 自衛隊の車が我が物顔で でっかい面で走っている。

行政の自動車も「どこどこ 市役所」みたいなステッカーを貼って我が物顔。

 

何だか「我々が 国民を 守ってやっている」みたいな 本末転倒な 気持ちは持ってもらいたくない。

 

国民の血税で支えられていることを全く感じていないようだ。

 

国民監視の 「アイスバーンの上に立たされている」のだ。

いつ転んでも おかしくないのだ。そのことを 肝に銘じて勤務してほしい。

このページのトップヘ