大河原宗平のブログ

2018年12月

本記載は

寺脇 研 : 前川喜平 「講演会&パネルディスカッション」ご案内の支援です。

これからの日本 これからの教育
また サポーター 支援者 を募集しています。 


#大拡散を望みます。よろしくお願いします。

 

テーマ:「これからの日本 これからの教育」「私たちが生きたい世界は 私たちで創る」

日 時:2019年(平成31年)3月9日(土)19:00~21:30

場 所:群馬県 高崎市 「高崎市総合福祉センター(たまごホール)」

参加費:一般2000円 高校生500円





(注:参加には申し込みが必要です。下記を参考に お忘れなく。)

◆2019年3月9日 午後7:00~ 9:30(パネルディスカッション)参加費¥2000 高校生¥500
◆会場:高崎市総合福祉センター たまごホール。
*なお、参加費払込をもって参加申込み完了となります。
◆一度払い込みいただいた参加費は、理由の如何を問わず、払い戻しいたしません。
◆会場の電話番号は027-370-8822です。カーナビの検索にご利用ください。この電話に講演会関係者
は出られませんので、ご注意ください。会場住所〒370-0065 高崎市末広町115-1
◆参加費振込口座 ゆうちょ銀行 00220-5-88639 名義 RnSI (リンジー)
◆お問い合わせ 電話番号 070-6634-5958(伊藤と出ます)
◆お問い合わせ e-mail: vita.maebashi+rnsi@gmail.com *件名は講演会として下さい。
*問い合わせは極力 e-mail をお使いください。*RnSI は Relational-network of Studying Incubator の意味です

☆☆☆ お願い ☆☆☆
講師の寺脇 研さんは文部省時代ゆとり教育の広報責任者。前川喜平さんは。文科省時代生涯教育・ゆとり教育の本来の在り方を推進して来て、退官後は夜間中学でボランティア講師をするなどしている21世紀教育の実践者です。
お二人を迎えし講演会を成功させ、インターネットを使った日本最初の自主自立の学びのネットワークを創設したいので、ひとりでも多くの方のご参加ご支援をお願い致します。
ご支援いただける方は、事務局まで、メール(電話でも可)でご連絡ください。

アートが学べる通信制高校 【これからの日本、これからの教育より抜粋】
私のいる京都造形芸術大学では、いま、通信制の高校を構想している。マンガ学科の学生と接していると、高校時代に窮屈な思いをしてきた子が多いことに気づく。絵なんて描いている場合じゃないとか言われて、大学に入って、ようやく自由になったという子が少なくない。性的マイノリティーの学生にとっても、つらかった高校時代までと違い、こういう自分でもオッケーなんだと感じられるようになったという。
それなら、高校の段階でも、そうした自由を味わわせてやろうということで、大学のキヤンパス内に高校を作りたいと思っている。通信制であれば、毎日通学する必要はなく、自分のペースで通えばいい。

こんな優柔不断な学校で大丈夫なのか「馬庭小学校よ・・」=更新版=

 

高崎市給食費無料化 大河原宗平 検索(1 更新

高崎市 給食費無料化 大河原宗平 検索(13 更新版)

既報のとおり 群馬県高崎市立 馬庭小学校(現校長 古澤浩明 氏)では 学校に隣接する民有地を 年間48万6000円で 5年づつの契約更新で 借上げ 馬庭小学校専用駐車場 として教職員が無料で使っている。

契約書の確認ができた分だけでも平成7年4月1日から平成32年3月31日まで5回の契約更新が確認できた。

 

「地主は 苦労して安いコメを作るより とってもいい収入になる。」と 懐具合をささやく地域住民さえいるのが事実だ。

 

黙認できないのは 高給取りの教職員が 「まさか 無料で 駐車場を使っている」ことだ。

まさかと 書面を疑った。

 

私と話した高崎市役所職員で教育委員会事務局 教育部教育総務課 施設担当係長 高橋和久(たかはし かずひさ)氏 」は無料で使っている理由について 「児童に何らかの負傷・疾病その他の理由あった場合 教職員の自己の車両に児童を乗車させて自宅・病院その他の場所に搬送する場合が予想されるためだ」と(概略)言い切った。

 

それならば・・・と 考え 平成30年10月16日付けで

「高崎市立馬庭小学校の駐車場」に使用料を支払わないで駐車・使用して

 いる教職員が 児童に何らかの負傷・疾病その他の理由あった場合 教

 職員の自己の車両に児童を乗車させて自宅・病院その他の場所に搬送し

 た事例がわかる記録(保存年数に関係なく記録のあるもの全て)」

と書いて 情報公開請求を打ち込んでみた。

 

このことに対する 情報公開条例上の規定による第一次的回答は「(情報公開の)請求内容の書類の確認に時間を要するため」として いかにも 多量の文書の存在を推測させるような 回答を下して 文書の公開時間稼ぎ」をしていました。

 

詳報すると平成30年10月16日に当方(私・大河原宗平)から情報公開請求書を提出したので 高崎市の条例上 14日後の 平成30年10月30日までに文書の公開をしなければならないところ 文書を公開しなければならない高崎市側にとって有利な条例内の規定「情報公開の期間延長」という「裏技」使って 文書の公開決定は 平成30年11月14日まで と 情報公開の規定を更に二週間遅らせたのでした。

 

前に書いたとおり「多量の文書の存在を疑いないのも」と思っていたところ

 

何と 何と オッタマゲタことに 高崎市教育委員会が決めてきた結果が 「該当する事例がないため。」と明示してきたのでした。

 

見識ある読者なら 簡単に想像することでしょうが

   困った情報公開請求がさされてしまった

   何と回答しようか?

   取り合えず時間稼ぎをして 皆で考えよう

   だが 児童を送った事実がない

   さあ どうしよう・・・

 

   だったらいいや  事例がないと 負けを認めよう・・・

と 学校・行政側の判断は こんなものだろう

 

全く デタラメすぎる。

こんな判断ができない学校にお子さんを任せておいて大丈夫なのか?? というのが 私・大河原宗平の言いたいことなのです。

 

この事例のように 「馬庭小学校」に関する 行政文書の公開請求では 学校長が勝手に回答を出すことは条例上できない。

「実施機関」という 訳のわからない 語源がある。

学校に関する場合 「教育委員会 つまり 教育長」が回答する責任者となっているのだ。

 

だが 本音は 学校長の判断だ・・・

 

こんな 現体制(平成30年度)の馬庭小学校は まともな 学校教育・義務教育を賄うことができる資格があるのだろうか???

 

もしも 馬庭小学校の教職員共が このブログを見て 「名誉棄損だ」 「まともな学校だ」と 言えるのなら 私・大河原宗平を被告に名誉棄損で裁判を起こしたり 刑事告訴をして訴えてきたらどうだろう・・・が

 

更に 言うならば 市民の税金で借り上げている駐車場を無料で使うようなことをしないで 「私は駐車代金を払います・・・」という者が 出てきてもいいのではないだろうか・・・

 

馬庭小学校が公表している 平成30年度の教職員の氏名一覧を下記に転記してみよう。

名前を書かれた人は 自分の名誉のためにも 相応の「駐車場代金」を 支払うことをお勧めします。

 

では 教職員の氏名を「馬庭小学校だより あぜみち 平成30年度第1号(通算821号)」を参照に 転記してみます。

校  長  古澤 浩明

教  頭  斎藤 正紀

教務主任  飯塚 弘紀

1年担当  小野 昌美

2年担当  生澤 佳之

3年担当  西山 直輝

4年担当  塚越 さおり

5年担当  吉崎 修平

6年担当  田口 恵理子

ひまわり学級 前田香理

 養護教諭  須長 ゆり子

主幹事務長 鷲山 知美

教科指導助手 阿部 幸子

学校支援員 小林 悦子

介助手   遠藤 由紀

学校図書館指導員 佐藤 光世

校務員    若林 隆夫

校務員    芝 由紀代

スクールカウンセラー 富岡 勇治

ALT アシスタント ラングェッジ ティーチャー

         Qui ndrew  チゥ・アンドリュー 

 

なお 同 学校だより によれば 

<平成30年度 職員紹介> 1年間よろしくお願いいたします

ともなっています。

一刻も早く駐車場代金をお支払いすることをお勧めいたします

 給食費無料化を訴えると 不審者として手配されるゥ

高崎市の「給食費を無料にする会(代表 大河原宗平)」のメールアドレスは以下のとおりです
muryouka_takasaki@yahoo.co.jp

 

ご意見がありましたら ご活用ください。 よろしくお願いします。 

 

以上

 

<追記>

給食費詐欺事件も依然として発覚している  以下のとおり

こんな記事だ 

20181128 1810分 配信

テレ朝news

校長の印鑑で…小学校の給食費350万円を引き出しか

写真拡大

 給食費をだまし取ったということです。

 雨宮早苗容疑者(51)はおととし4月、事務員として勤務していた東京・練馬区の区立小学校で無断で校長の印鑑を使って学校の銀行口座から給食費約350万円を引き出してだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、雨宮容疑者はそれより前に勤務していた中学校で教材費や給食費をパチンコなどに使い込んでいて、その穴埋めに小学校からだまし取った金を充てていたということです。取り調べに対し、雨宮容疑者は容疑を認めています。

テレ朝news

(記事引用終了)

こんな優柔不断な学校で大丈夫なのか「馬庭小学校よ・・」

 

高崎市 給食費無料化 大河原宗平 検索(1

高崎市 給食費無料化 大河原宗平 検索(13)

既報のとおり 群馬県高崎市立 馬庭小学校(現校長 古澤浩明 氏)では 学校に隣接する民有地を 年間48万6000円で 5年づつの契約更新で 借上げ 馬庭小学校専用駐車場 として教職員が無料で使っている。

契約書の確認ができた分だけでも平成7年4月1日から平成32年3月31日まで5回の契約更新が確認できた。

 

「地主は 苦労して安いコメを作るより とってもいい収入になる。」と 懐具合をささやく地域住民さえいるのが事実だ。

 

黙認できないのは 高給取りの教職員が 「まさか 無料で 駐車場を使っている」ことだ。

まさかと 書面を疑った。

 

私と話した高崎市役所職員で教育委員会事務局 教育部教育総務課 施設担当係長 高橋和久(たかはし かずひさ)氏 」は無料で使っている理由について 「児童に何らかの負傷・疾病その他の理由あった場合 教職員の自己の車両に児童を乗車させて自宅・病院その他の場所に搬送する場合が予想されるためだ」と(概略)言い切った。

 

それならば・・・と 考え 平成30年10月16日付けで

「高崎市立馬庭小学校の駐車場」に使用料を支払わないで駐車・使用して

 いる教職員が 児童に何らかの負傷・疾病その他の理由あった場合 教

 職員の自己の車両に児童を乗車させて自宅・病院その他の場所に搬送し

 た事例がわかる記録(保存年数に関係なく記録のあるもの全て)」

と書いて 情報公開請求を打ち込んでみた。

 

このことに対する 情報公開条例上の規定による第一次的回答は「(情報公開の)請求内容の書類の確認に時間を要するため」として いかにも 多量の文書の存在を推測させるような 回答を下して 文書の公開時間稼ぎ」をしていました。

 

詳報すると平成30年10月16日に当方(私・大河原宗平)から情報公開請求書を提出したので 高崎市の条例上 14日後の 平成30年10月30日までに文書の公開をしなければならないところ 文書を公開しなければならない高崎市側にとって有利な条例内の規定「情報公開の期間延長」という「裏技」使って 文書の公開決定は 平成30年11月14日まで と 情報公開の規定を更に二週間遅らせたのでした。

 

前に書いたとおり「多量の文書の存在を疑いないのも」と思っていたところ

 

何と 何と オッタマゲタことに 高崎市教育委員会が決めてきた結果が 「該当する事例がないため。」と明示してきたのでした。

 

見識ある読者なら 簡単に想像することでしょうが

   困った情報公開請求がさされてしまった

   何と回答しようか?

   取り合えず時間稼ぎをして 皆で考えよう

   だが 児童を送った事実がない

   さあ どうしよう・・・

 

   だったらいいや  事例がないと 負けを認めよう・・・

と 学校・行政側の判断は こんなものだろう

 

全く デタラメすぎる。

こんな判断ができない学校にお子さんを任せておいて大丈夫なのか?? というのが 私・大河原宗平の言いたいことなのです。

 

この事例のように 「馬庭小学校」に関する 行政文書の公開請求では 学校長が勝手に回答を出すことは条例上できない。

「実施機関」という 訳のわからない 語源がある。

学校に関する場合 「教育委員会 つまり 教育長」が回答する責任者となっているのだ。

 

だが 本音は 学校長の判断だ・・・

 

こんな 現体制(平成30年度)の馬庭小学校は まともな 学校教育・義務教育を賄うことができる資格があるのだろうか???

 

もしも 馬庭小学校の教職員共が このブログを見て 「名誉棄損だ」 「まともな学校だ」と 言えるのなら 私・大河原宗平を被告に名誉棄損で裁判を起こしたり 刑事告訴をして訴えてきたらどうだろう・・・が

 

更に 言うならば 市民の税金で借り上げている駐車場を無料で使うようなことをしないで 「私は駐車代金を払います・・・」という者が 出てきてもいいのではないだろうか・・・

 

馬庭小学校が公表している 平成30年度の教職員の氏名一覧を下記に転記してみよう。

名前を書かれた人は 自分の名誉のためにも 相応の「駐車場代金」を 支払うことをお勧めします。

 

では 教職員の氏名を「馬庭小学校だより あぜみち 平成30年度第1号(通算821号)」を参照に 転記してみます。

校  長  古澤 浩明

教  頭  斎藤 正紀

教務主任  飯塚 弘紀

1年担当  小野 昌美

2年担当  生澤 佳之

3年担当  西山 直輝

4年担当  塚越 さおり

5年担当  吉崎 修平

6年担当  田口 恵理子

ひまわり学級 前田香理

 養護教諭  須長 ゆり子

主幹事務長 鷲山 知美

教科指導助手 阿部 幸子

学校支援員 小林 悦子

介助手   遠藤 由紀

学校図書館指導員 佐藤 光世

校務員    若林 隆夫

校務員    芝 由紀代

スクールカウンセラー 富岡 勇治

ALT アシスタント ラングェッジ ティーチャー

         Qui ndrew  チゥ・アンドリュー 

 

なお 同 学校だより によれば 

<平成30年度 職員紹介> 1年間よろしくお願いいたします

ともなっています。

一刻も早く駐車場代金をお支払いすることをお勧めいたします

 

高崎市の「給食費を無料にする会(代表 大河原宗平)」のメールアドレスは以下のとおりです
muryouka_takasaki@yahoo.co.jp

ご意見がありましたら ご活用ください。 よろしくお願いします。 

 

以上

 

<追記>

給食費詐欺事件も依然として発覚している  以下のとおり

こんな記事だ 

20181128 1810分 配信

テレ朝news

校長の印鑑で…小学校の給食費350万円を引き出しか

写真拡大

 給食費をだまし取ったということです。

 雨宮早苗容疑者(51)はおととし4月、事務員として勤務していた東京・練馬区の区立小学校で無断で校長の印鑑を使って学校の銀行口座から給食費約350万円を引き出してだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、雨宮容疑者はそれより前に勤務していた中学校で教材費や給食費をパチンコなどに使い込んでいて、その穴埋めに小学校からだまし取った金を充てていたということです。取り調べに対し、雨宮容疑者は容疑を認めています。

テレ朝news

(記事引用終了)

このページのトップヘ