大河原宗平のブログ

2019年08月

「安倍は 消費税増税をやめろ」

 

上野宏史 厚労政務官(衆議院議員)は 外国人労働者の在留資格を口利きした疑惑がもたれ 役職の辞表を提出したと報道されています。

 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190828/k10012052801000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

自民 上野厚労政務官が辞任へ “口利き”との週刊誌報道で

群馬県出身の上野公成元参議院議員の娘婿との情報も。

 

この上野宏史は旧姓「小林」らしい。上野公成の娘と婚姻 「上野」を名乗っているようだ。

 

群馬県人としてはここからだ・・・

旧姓「小林」さんと 上野公成元参議院議員の娘との ご結婚の媒酌人は 現総理大臣(当時 官房長官)だとの風評が高まっている。

 

常磐自動車道のあおり運転事件の「カメラ女」「ガラ携女」に関する間違った情報の大拡散ではないが 極めてリスクの高い書き込みだが あえて書こう。

 

結論は 「安倍は 消費税増税をやめろ」だ。

 

リーマンショック どころではない「韓国問題」を抱えながら 更に火をつけた「上野宏史厚労政務官 辞任事実を受けて 「安倍は 消費税増税をやめろ」  (結び)

運転免許行政処分に関する調査方お願い(公開質問書)

 

ごあいさつ

突然のお願い 大変失礼かと思いますが 行政庁である群馬県公安委員会宛てに異議申し立てを行っても 窓口が群馬県警察本部であり 事務局が 開封 結論を貴殿等に促すことが 予想できますので このような形で 直接 群馬県公安委員(長)である貴殿に調査・回答をお願いする次第であります。

よろしく 調査のうえ 回答をいただきたくお願い申し上げます。

 群馬県公安委員長 金子 正元 様

本件事案の概要

事案は交通違反だとされる事件に関する行政処分(違反点数の附加)であります。 

 

同封の 交通反則告知書・免許証保管証 納付書・領収書(いずれもコピー)「告知・交付者 高崎警察署 巡査 工藤弘也 番号 I 553750」 のとおり 平成28年10月26日 群馬県高崎警察署の警察官 巡査 工藤弘也と思われる者に「切符を切るからこっちへ来い」等と 道路交通法違反(携帯電話使用等・保持 画像表示用装置を手で保持して画像を注視)で交通違反(以下「本件道路交通法違反」という。)を認定されました。

 強引な警察官 工藤弘也作成の切符

しかし 本件道路交通法違反の認定に事実誤認があることから 書類(交通反則告知書・免許証保管証 納付書・領収書)は受領したものの 法廷まで持ち込む覚悟で警察当局の手続きを待っていますが 何の連絡も無いまま現在まで時間が経過しています。

 

ところが 私の自動車運転免許証の有効期限が本年10月10日と迫った 昨今 群馬県公安委員会から 「運転免許証更新連絡書」(コピー同封)が届き 本年8月12日開封してみると 「新規違反等の内容」欄に 「平成28年10月26日 携帯電話等(保持)」と本件道路交通法違反が認定されているようです。

 

つきましては この本件道路交通法違反について 刑事責任を問われる検察の取調べ や 裁判所の有罪判決 も無いまま 行政処分を科す群馬県公安委員会のみが 本件道路交通法違反を認定していると受け止めましたので その理由について 群馬県公安委員(長)である貴殿から 説明をいただきたくお願いする次第であります。

 

高崎交通安全協会への問い合わせ

上記「本件事案の概要」について 事前に本年8月13日高崎交通安全協会に出向き 応対した 女性警察官自称 高崎警察署交通課安全係 小出美佐子(こいで みさこ)さんに対して前記「運転免許証更新連絡書」の原本

「新規違反等の内容」「平成28年10月26日 携帯電話等

(保持)」欄

を提示し 検察の起訴猶予処分や裁判所の有罪判決を受けていないが

1 公安委員会は本件道路交通法違反を認定しているのか

2 誰かが 私・大河原宗平に代わって反則金を納付している事

  実はないか

について質問しましたが 電話で何れかへ問い合せをしているようであり 時間ばかりが経過して 結論がでないと私・大河原宗平において判断したので 群馬県公安委員会の委員各自に直接質問することを決めて 同交通安全協会に対する問い合わせを終了した次第です。

 運転免許証更新連絡書 最新違反等の内容欄

貴公安委員(長)に対する質問

1 貴殿は群馬県公安委員会委員(長)として 本件道路交通法違

反を交通違反として認定しましたか

2 1を交通違反として認定しているとしたら その理由

3 本件道路交通法違反に係る反則金が納付された事実を認定して

いますか

4 2の反則金が納付されているとしたら 誰が いつ どこで納

付しましたか

5 本件道路交通法違反について 検察・裁判所の刑事処分・判決を受けていないのに 貴公安委員(長)は 行政処分を独自に実行しましたか

 

文書による回答要求と回答期限

誠に勝手でありますが 前記のとおり私の自動車運転免許証有効期限が本年10月10日でありますので 有効期限切れが生じないように9月10日までに 文書で回答していただきたく ここにお願いする次第であります。

 

本件「公開質問書」及び「回答」の公開
なお 私は インターネット上の「ブログ」を開設しており 各種

意見・事実を公開しているところであります。

同封のとおり このお願い文書(公開質問書)も既に公開済です。

勿論 回答の状況についても同ブログで公開する予定であることを予めお知らせいたします。

 

令和元年8月26日

群馬県高崎市片岡町三丁目2166番地3 

観音山ハイツ401号室

大河原宗平

電話(携帯) 090-4725-9006

 

〒370-1203

群馬県 高崎市 矢中町 788

(株式会社キンセイ産業 代表取締役社長)

群馬県公安員会 委員長  金子 正元 殿

電話 027-346-2161

(郵送レターパック 追跡サービス検索番号「7261-9867-0341

運転免許行政処分に関する調査方お願い(公開質問書)

 

ごあいさつ

突然のお願い 大変失礼かと思いますが 行政庁である群馬県公安委員会宛てに異議申し立てを行っても 窓口が群馬県警察本部であり 事務局が 開封 結論を貴殿等に促すことが 予想できますので このような形で 直接 群馬県公安委員である貴殿に調査・回答をお願いする次第であります。

よろしく 調査のうえ 回答をいただきたくお願い申し上げます。

 群馬県公安委員 石田 弘義 様

本件事案の概要

事案は交通違反だとされる事件に関する行政処分(違反点数の附加)であります。 

 

同封の 交通反則告知書・免許証保管証 納付書・領収書(いずれもコピー)「告知・交付者 高崎警察署 巡査 工藤弘也 番号 I 553750」 のとおり 平成28年10月26日 群馬県高崎警察署の警察官 巡査 工藤弘也と思われる者に「切符を切るからこっちへ来い」等と 道路交通法違反(携帯電話使用等・保持 画像表示用装置を手で保持して画像を注視)で交通違反(以下「本件道路交通法違反」という。)を認定されました。

 強引な警察官 工藤弘也作成の切符

しかし 本件道路交通法違反の認定に事実誤認があることから 書類(交通反則告知書・免許証保管証 納付書・領収書)は受領したものの 法廷まで持ち込む覚悟で警察当局の手続きを待っていますが 何の連絡も無いまま現在まで時間が経過しています。

 

ところが 私の自動車運転免許証の有効期限が本年10月10日と迫った 昨今 群馬県公安委員会から 「運転免許証更新連絡書」(コピー同封)が届き 本年8月12日開封してみると 「新規違反等の内容」欄に 「平成28年10月26日 携帯電話等(保持)」と本件道路交通法違反が認定されているようです。

 

つきましては この本件道路交通法違反について 刑事責任を問われる検察の取調べ や 裁判所の有罪判決 も無いまま 行政処分を科す群馬県公安委員会のみが 本件道路交通法違反を認定していると受け止めましたので その理由について 群馬県公安委員である貴殿から 説明をいただきたくお願いする次第であります。

 

高崎交通安全協会への問い合わせ

上記「本件事案の概要」について 事前に本年8月13日高崎交通安全協会に出向き 応対した 女性警察官自称 高崎警察署交通課安全係 小出美佐子(こいで みさこ)さんに対して前記「運転免許証更新連絡書」の原本

「新規違反等の内容」「平成28年10月26日 携帯電話等

(保持)」欄

を提示し 検察の起訴猶予処分や裁判所の有罪判決を受けていないが

1 公安委員会は本件道路交通法違反を認定しているのか

2 誰かが 私・大河原宗平に代わって反則金を納付している事

  実はないか

について質問しましたが 電話で何れかへ問い合せをしているようであり 時間ばかりが経過して 結論がでないと私・大河原宗平において判断したので 群馬県公安委員会の委員各自に直接質問することを決めて 同交通安全協会に対する問い合わせを終了した次第です。

 運転免許証更新連絡書 最新違反等の内容欄

貴公安委員に対する質問

1 貴殿は群馬県公安委員会委員として 本件道路交通法違

反を交通違反として認定しましたか

2 1を交通違反として認定しているとしたら その理由

3 本件道路交通法違反に係る反則金が納付された事実を認定して

いますか

4 2の反則金が納付されているとしたら 誰が いつ どこで納

付しましたか

5 本件道路交通法違反について 検察・裁判所の刑事処分・判決を受けていないのに 貴公安委員は 行政処分を独自に実行しましたか

 

文書による回答要求と回答期限

誠に勝手でありますが 前記のとおり私の自動車運転免許証有効期限が本年10月10日でありますので 有効期限切れが生じないように9月10日までに 文書で回答していただきたく ここにお願いする次第であります。

 

本件「公開質問書」及び「回答」の公開
なお 私は インターネット上の「ブログ」を開設しており 各種

意見・事実を公開しているところであります。

同封のとおり このお願い文書(公開質問書)も既に公開済です。

勿論 回答の状況についても同ブログで公開する予定であることを予めお知らせいたします。

 

令和元年8月26日

群馬県高崎市片岡町三丁目2166番地3 

観音山ハイツ401号室

大河原宗平

電話(携帯) 090-4725-9006

〒371-0026

群馬県 前橋市 大手町 1-11-5

(石田弘義法律事務所内 弁護士)

群馬県公安員会 委員   石田 弘義 殿

電話 027-223-1510

(郵送レターパック 追跡サービス検索番号「7261-9867-0352

運転免許行政処分に関する調査方お願い(公開質問書)

 

ごあいさつ

突然のお願い 大変失礼かと思いますが 行政庁である群馬県公安委員会宛てに異議申し立てを行っても 窓口が群馬県警察本部であり 事務局が 開封 結論を貴殿等に促すことが 予想できますので このような形で 直接 群馬県公安委員である貴殿に調査・回答をお願いする次第であります。

よろしく 調査のうえ 回答をいただきたくお願い申し上げます。

 群馬県公安委員 宇敷 正 様

本件事案の概要

事案は交通違反だとされる事件に関する行政処分(違反点数の附加)であります。 

 

同封の 交通反則告知書・免許証保管証 納付書・領収書(いずれもコピー)「告知・交付者 高崎警察署 巡査 工藤弘也 番号 I 553750」 のとおり 平成28年10月26日 群馬県高崎警察署の警察官 巡査 工藤弘也と思われる者に「切符を切るからこっちへ来い」等と 道路交通法違反(携帯電話使用等・保持 画像表示用装置を手で保持して画像を注視)で交通違反(以下「本件道路交通法違反」という。)を認定されました。

 強引な警察官 工藤弘也作成の切符

しかし 本件道路交通法違反の認定に事実誤認があることから 書類(交通反則告知書・免許証保管証 納付書・領収書)は受領したものの 法廷まで持ち込む覚悟で警察当局の手続きを待っていますが 何の連絡も無いまま現在まで時間が経過しています。

 

ところが 私の自動車運転免許証の有効期限が本年10月10日と迫った 昨今 群馬県公安委員会から 「運転免許証更新連絡書」(コピー同封)が届き 本年8月12日開封してみると 「新規違反等の内容」欄に 「平成28年10月26日 携帯電話等(保持)」と本件道路交通法違反が認定されているようです。

 

つきましては この本件道路交通法違反について 刑事責任を問われる検察の取調べ や 裁判所の有罪判決 も無いまま 行政処分を科す群馬県公安委員会のみが 本件道路交通法違反を認定していると受け止めましたので その理由について 群馬県公安委員である貴殿から 説明をいただきたくお願いする次第であります。

 

高崎交通安全協会への問い合わせ

上記「本件事案の概要」について 事前に本年8月13日高崎交通安全協会に出向き 応対した 女性警察官自称 高崎警察署交通課安全係 小出美佐子(こいで みさこ)さんに対して前記「運転免許証更新連絡書」の原本

「新規違反等の内容」「平成28年10月26日 携帯電話等

(保持)」欄

を提示し 検察の起訴猶予処分や裁判所の有罪判決を受けていないが

1 公安委員会は本件道路交通法違反を認定しているのか

2 誰かが 私・大河原宗平に代わって反則金を納付している事

  実はないか

について質問しましたが 電話で何れかへ問い合せをしているようであり 時間ばかりが経過して 結論がでないと私・大河原宗平において判断したので 群馬県公安委員会の委員各自に直接質問することを決めて 同交通安全協会に対する問い合わせを終了した次第です。

 運転免許証更新連絡書 最新違反等の内容欄

貴公安委員に対する質問

1 貴殿は群馬県公安委員会委員として 本件道路交通法違

反を交通違反として認定しましたか

2 1を交通違反として認定しているとしたら その理由

3 本件道路交通法違反に係る反則金が納付された事実を認定して

いますか

4 2の反則金が納付されているとしたら 誰が いつ どこで納

付しましたか

5 本件道路交通法違反について 検察・裁判所の刑事処分・判決を受けていないのに 貴公安委員は 行政処分を独自に実行しましたか

 

文書による回答要求と回答期限

誠に勝手でありますが 前記のとおり私の自動車運転免許証有効期限が本年10月10日でありますので 有効期限切れが生じないように9月10日までに 文書で回答していただきたく ここにお願いする次第であります。

 

本件「公開質問書」及び「回答」の公開
なお 私は インターネット上の「ブログ」を開設しており 各種

意見・事実を公開しているところであります。

同封のとおり このお願い文書(公開質問書)も既に公開済です。

勿論 回答の状況についても同ブログで公開する予定であることを予めお知らせいたします。

 

令和元年8月26日

群馬県高崎市片岡町三丁目2166番地3 

観音山ハイツ401号室

大河原宗平

電話(携帯) 090-4725-9006

〒378-0016

群馬県 沼田市 清水町 4308

(宇敷木材工業株式会社 代表取締役会長)

群馬県公安員会 委員   宇敷  正 殿

電話 0278-23-0350

(郵送レターパック 追跡サービス検索番号「7261-9867-0363

広島県警本部長人事 警察署から盗まれた8572万円事件は置き去りのまま

 

各種報道によれば あの大事件 広島中央警察署内の会計課金庫から盗難被害に遭ったままとなっている「消えた 8572万円事件」を抱えている広島県警では 総責任者である 県警本部長は 「事件の解決を見ないまま」 「事件解決の指揮を執り切れないまま」 警察庁付きの人事に栄転してしまったようだ。

 

その広島県警察本部長とは 石田勝彦というお方のようだ。

 事件解決を見ないまま警察庁へ栄転する石田勝彦氏

消えた8572万円事件の発覚が2017年5月。

この石田本部長が着任したのが事件発覚から8か月後の2018年1月。

誰もが 「この石田本部長が この事件を解決する」と大きな期待を寄せていただろう。

 

8572万円の盗難事件は 広島中央警察署という 正に 「警察署内で起こった 警察内部の人間の犯行だ」と誰もが見るだろうし 当の広島県警でも 同様に思われている筋が強い。

 

ところが この石田勝彦本部長も 着任から1年7カ月で 警察庁へ栄転のようだ。事件発覚から2年3カ月(27カ月) その内1年7カ月(18カ月)という長期にわたり この広島県警本部長の職にあったのだ。

27カ月中の18カ月は重要な機関だ。

事件の解決を見ない県警本部長は「何をしていたのだ」と強く追及したい。

 

それとも 後任本部長に花を持たせたのか?

そうだとすれば 石田本部長の株の上がるだろう。

 

勝負は あと半年間だ。

 

広島県警本部長が力量を見せつけるのか? やはりダメか と 地の底へ沈むのか。

後任本部長が 株を上げるのか 下げるのか が見ものだ・・・

 

離任する 石田勝彦氏は 誇りの持てる仕事として

     首相の警護や 天皇皇后陛下の警衛警備

などを重点にしていたようだ。

さすがに 上を向いた(東京=警察庁=へ戻ることばかりを考えている)仕事をしていたようだ。

 

おまけに 「報道の皆さまも含めまして多大なご支援、ご協力を賜りました。この場を借りまして厚く御礼を申し上げます。」と発言し報道機関を持ち上げてたようだ。 

 

警察の仕事の総仕上げは「報道にあり」と私・大河原宗平が現役中に群馬県警本部内でもよく耳にした。

上手く報道機関を操り 「警察寄りの記事を書かせる 警察寄りの放送をさせる」という意味です。

 

国民からの要望が高い相談や 危険な事件の解決など どうでもいいような態度だ。


今でも 変わらない腐りきった警察体制を引きづっている。

警察官 警察職員 個人個人の正義に対する心構えに大きな期待を寄せるところである。

 

言い換えれば「警察内部から 警察の正常化のための努力が必要だ」の一言だ。

 

<警察正常化協議会 代表 大河原宗平 記>

このページのトップヘ