2020年06月

行政の統計は 全く当てにならない実例
ネットニュースを 拝借しました。


https://www.msn.com/ja-jp/news/coronavirus/都内死者-%ef%bc%93、%ef%bc%94月過去最多-「超過死亡」コロナ公表人数の%ef%bc%91%ef%bc%92倍-医療逼迫影響か/ar-BB15nXrF?ocid=spartandhp
都内死者 3、4月過去最多 「超過死亡」コロナ公表人数の12倍 医療逼迫影響か © 産経新聞社 都内死者 3、4月過去最多 「超過死亡」コロナ公表人数の12倍 医療逼迫影響か

 新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発令されていた4月の東京都内の死者数が1万107人で、記録の残る平成11年以降最多を記録したことが12日、分かった。同様に3月の死者数も最多。両月の死者数を足すと、直近5年の平均死者数を計1481人上回る「超過死亡」が出ており、都が発表した新型コロナによる両月の死者数計119人の約12倍となった。専門家は「医療逼迫(ひっぱく)の影響などで新型コロナによる死者数が公表数よりも多かった恐れがある」と指摘しており、全国的な傾向となる可能性がある。

 新型コロナの感染拡大が原因とみられる超過死亡をめぐっては米ニューヨーク市、英国など世界各国で報告されており、新型コロナによる実際の被害を検証する指標になりそうだ。

 都内で今年3月に死亡したのは1万694人で4月は1万107人。それぞれ直近5年の平均から423人、1058人増えた。通常の人口変動による影響を差し引いて算出した数値でも3月は10万人あたり905人、4月は882人で、1年のうちでも比較的高い2月の数値を11年以降初めて上回った。

 死者数の変動に影響する今冬のインフルエンザ流行規模は過去3季に比べて小さく、自殺者数も例年より少なく推移している。東京慈恵会医科大学の浦島充佳教授(公衆衛生学)は「他に死者数を押し上げた要因は見当たらず、超過死亡の相当数に新型コロナが直接、間接に影響した可能性がある」と指摘する。

 浦島教授は3月、4月の超過死亡には、(1)PCR検査で偽陰性とされた(2)検査を受けられなかった(3)医療体制の逼迫で適切な治療を受けられなかった(4)外出自粛などで持病が悪化した-死者が含まれると分析。「公式の死者数が185人に増えた5月には、超過死亡がさらに増えるかもしれない」としている。

 超過死亡 過去の傾向から見込まれる死者数と実際の死者数を比較し、超過した部分の人数のこと。自然災害の発生や感染症の拡大など特異な現象による実際の死者数の変動を検証する際に用いられる。世界各国で新型コロナウイルス感染拡大の影響を調べる指標として注目されている。

国会議員は夕方5時過ぎから国会審議をしろ

 

2020年(令和2年)6月11日 午後5時45分現在 参議院予算委員会の放送が流れている。質問者は聞きなれた声の片山虎之助さんだ。

 

珍しいことだ。

 この人 だ~れ

夕方仕事が終わってから国会審議が聞けるなんて 素晴らしいことだ。

 

国会が変わったのか? と思ったから 参議院事務局へ聞いてみた。

電話は 03―3581―3111。

 応対した参議院事務局広報課の「いそだ」さんと名乗る男性(と思われる声)は「国会審議状況で遅れている」と軽く言っている。

 

更にこの「いそだ」さんという方は 「委員会が終わって30分後くらいにインターネットで流しているから聞けますよ」とつまらないことを言っている。

 

だから言ってやった。

そんなことを言っているのではない。国会の審議をいつもこのくらいの時間からやるような 国会議員も五時過ぎまで仕事をしろといいたいのだ。」と。

 

この「いそだ」さんは 「ご意見としてお伺いしておきます」と役人らしい答弁を返してきた。

 

こんな話を 役人に申し入れても何の役にも立たない(だろう)が 役人に意見を告げるのも「自己満足」としては いいのかな~ 

 

全て録音をしておくことが肝心だ・・・もちろん録音は残した(笑)


<警察正常化協議会 代表 大河原宗平 記>


お断り
添付の写真と本件記事は関係ありませんが この写真の方は問題があって法務大臣を辞めた人だと認識している。「うちわがどうとか」だと思った。 
だが最近 衆院の法務委員長として 赤い服を着て委員会を指揮していたので思い出してこの写真を使ってみました。人違いだったらごめんなさい・・・

神仏に頼れるもの無し

本堂が国宝に指定されている 長野市の善光寺が「7年に一度公開されるという『御開帳』を新型コロナウイルスの終息見通しがつかないとの理由で1年間の延期を決めた」との話。

 

何~んだ。 「全ての宿願」が期待される 仏閣もコロナから逃げた形だ。

コロナの終息祈願を受けるのも「寺」「神」の役目であった筈であろうが・・

 

改めて「神仏に頼れるもの無し」を体験したことを思い起こした。

信じるは 己の経験 と 正しい目標を持つこと のみだ

 

数々の警察相手の裁判を経験し 多くの支援者から 「あそこの神社が ご利益がある」 とか 「どこそこの仏閣が頼りになる」と背中を押され参拝参詣してみたが 殆どが「裁判所の恣意的判断」により「全敗に近い結果」を経験した。

 

これらの敗訴判決以上に我が心を晴らしてくれたのが「テレビ東京」が放映してくれた「群馬県警証拠改ざんの疑惑」だ。

裁判所の判決に負けても テレビ放映されて 今もネット上でみられる 群馬県警による証拠改ざんの事実が 私の心の判決を勝利にさせてくれている。

 宣伝カー(2)

さて 善光寺といえば 寛主による女性職員へのセクハラ・パワハラがあったとか一時ニュースになった。2019年の台風19号では千曲川堤防決壊により長野市が予期せぬ水害を受けた。

善光寺の膝元が混乱している状況からみても 改めて「神仏に頼れるもの無し」との心境を思い起こしたのだった。

 

科学が発達した今 「神仏」ではなく 人の賑わいで華やかな神社仏閣は観光巡りで十分だ。

↑このページのトップヘ