=阿久根警察のデタラメ=

=阿久根警察署 制服警察官のデタラメ=

 

「隠れた交通取締り」の目的は何なのか


目の前の横断歩道に児童が立っていても、誘導すらしてあげない


警察署正門の塀に身を丸めて隠れた 2人の制服警官


手には「止まれ」と書かれた赤い旗を持ち


片や、私服で無線機を持ち、通行車両の違反探し


多くの通行車両に見られた この みじめな実態


鹿児島県警は このデタラメ警察官の氏名を公表せよ


この時間帯に阿久根警察署の前で交通切符を切られたドライバーは、切符に書いてある警官の名前を教えてください


この警官どもは 懲戒処分ものである


鹿児島県警の 姿勢を見ていたい

 


これだけお読みになったら、私が何を言いたいのか、阿久根警察署の正門前で何が起こっていたのか、おわかりいただけると思います。

しかし、正確を期す意味で あった事案を 説明書きします。

 

<事案>

平成25年8月16日(金曜日)午後0時06分

(時間の表示は難しい。2013年8月16日・金曜日 12:06)

九州、鹿児島県阿久根市にある「鹿児島県警 阿久根警察署」の正門前における 真昼間の出来事です。

御存じのとおり阿久根警察署の正門前は 国道3号線が通っています。(知らない方は、地図を検索してみてください。)

 

この警察署前には 「横断歩道」が設置してありますが 信号機がないのです。国道ですから交通量が多くて、信号機を付けない横断歩道が設置してあること事態、信じられないところです。

 

連日の「酷暑」で気温が35度にもなっている 真昼間の炎天下、警察署の反対側歩道では、横断歩道を渡るために 車の切れ目を探している 小学生高学年くらいだと推測できる、一見「少年」が整然と立っていました。

 

私は、自動車で、熊本方面から鹿児島市内方向へ進行中で、立っている少年の姿が余りにも 落ち着いた様子で 直ぐにこの少年の姿が目に入りました。

「渡らせてあげよう(渡らせなければ「横断歩行者妨害という重い交通違反」です。)」と 思い 歩行者に安心感を持ってもらうために、横断歩道より10メートルほど手前で止まって、 対向車にライトで「歩行者がいますよ」とパッシングで伝えました。 対向の運転手さんも 気持ちよく止まってくれて 少年は警察署側へと渡り、振り向いて一礼してくれました。 阿久根市の子供はとってもマナーが良いのです。高校生でも、 振り向いてお礼の「お辞儀」をしてくれます。

 

私は、対向の見知らぬ運転手さんと 手を上げて「お互いに気持ちがいいですね」との意味を込めて会釈を交わしました。

 

<塀に隠れた警察官を発見>

そこまでは、とっても いい気持でした。

ところが、私の視線に 阿久根警察署の正門北側のコンクリート塀の内側に2人の制服警察官が身を丸めて隠れているのを発見したのです。

 

なぜ、隠れていたのか、その理由は、「警察官としてやるべきことができない 恥ずかしさから身を隠した」のであります。

 

警察署の正門の真ん前で、少年が横断歩道を渡ろうとしているのに 制服警察官が 交通整理をして 少年を安全に誘導してあげられなかったのです。

 

<私服を羽織った「不審警察官」>

この警官どもは その手前の 交差点の角に 無線機を持って私服を羽織って通行車両を監視し 「携帯電話使用運転」や「シートベルト不着用運転」を見つけて 無線機でこの2名の制服警官に通報して、 警察署の敷地に車両を引き込んで「切符を切る」いわゆる「隠れた交通取締り」、「ノルマのための交通取締り」を行っていたのです。

 

そうであるから、直ぐ前の信号機のない横断歩道まで出て行って 「少年の安全誘導」ができなかったのです。

 

<人命保護は警察の目的ではないのだ>

これでは、警察は何にために交通取締りをするのか。

「交通事故防止が目的」でないのだろうか。

 

もしも、あの時、阿久根警察署の正門前の国道3号線の、信号機のない横断歩道で、自動車とこの少年の「交通事故でも発生」していたら、阿久根警察署長は、どう責任をとるのだろうか?

最悪、死亡事故にでも発展したとしたら、「阿久根警察署の正門前にお花が飾られることになっていたかもしれない」と、今、考えると「身震い」がします。

 

昼の12時を過ぎても「1日の検挙ノルマが達成できなくて、おなじ暑さの中で耐えている警察官のみじめさ」に情けなさを感じました。

 

<この悪徳警察官の名前を公開しましょう>

是非とも、この悪徳制服警察官2名と、私服で監視していた警察官の名前を解明し、両親、家族、子弟、親族、ご近所の方々に至るまで、「これがあなたの知る、あなたの身内の警察官の仕事に対する取り組みです。素晴らしい仕事をしているといえますか。恥ずかしくありませんか。」とご意見を伺いに参上したいと考えています。

 

この日に、阿久根警察署の前で交通切符を切られた運転手さん。交通切符の上部に、扱い警察官の名前が書いてあります。是非、私に教えてください。こんな悪徳警察官は、どんどん公表して辞職させましょう。

 

 

私の連絡先は 携帯電話で、 090-4725-9006 「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)」発起人 大河原宗平です。

御協力をお願いします。