鹿児島県阿久根市学校給食センターの野崎清二所長は こんなデタラメな人です。

自分の昼飯のために 公用車のガソリンを使うことに 何とも感じない人みたいです。

平成25年9月10日は、第3回阿久根市議会開会でした。

阿久根市役所の課長級幹部職員である「阿久根市学校給食センターの所長野崎清二」氏も議場に参列しました。
午前10時開会に間に合うように約5キロ離れた、阿久根市学校給食センターから阿久根市役所へ公用車で出掛けました。



議事は18件示されていましたから、午前中で散会にならないことは容易に予測できます。

案の定、議会は、午後にずれ込みました。




さて、ここからが問題です。



5キロも離れた自分の勤務場所から議場参列のために公用車で移動して、学校給食センターで作られる安い昼飯を喰うためだけに、公用車のガソリンを使って帰ってきて、昼飯を喰い終わると 慌てて市役所へ戻って行きました。



当初から午後にずれ込むことが予測できる日程でありながら、昼飯を喰うためだけに公用のガソリンを使って往復を移動してくるのです。

こんな無駄遣いが許されるのでしょうか。



蛇足ですが阿久根市学校給食センターで作る義務教育の児童・生徒に出される給食は、保護者から1食辺り230円~260円に該当する「食材費」のみを「給食費」として徴収しています。
学校給食が作られる過程の単価を計算してみると、保護者が負担している倍額相当のお金で給食は作られているのです。



その理由は、光熱水費や人件費、施設の維持・管理費等は「公費」である「市民の税金」から出費されているのです。


阿久根市の場合「公費負担が年額約7900万円」、「保護負担の給食費総額が年間約8200万円」なのです。


この数字からわかるように、阿久根市の学校給食は
、1食「460円~520円」で作られていることになっているのです。



義務教育を受けている児童・生徒は、半額が公費で負担される給食を食べていてもいいと思いますが、職業人として、俸給を得る目的で勤務している職員(公務員)は、「公費負担分を自己負担していただきたい」ものです。

阿久根市学校給食センター職員及び、市内各学校に勤務する教職員は「公費負担分を踏み倒した額」で昼飯を喰っているのです。


繰り返しりますが、公費で半額が負担されている「昼飯を喰うため」に、税金から支払っているガソリンを使って市役所と勤務場所である学校給食センターを行き来することが正当な職務といえるのでしょうか・・・

常々、疑問に感じているところです。