警察のデタラメ

  検察のデタラメ

    裁判所のデタラメ



このブログは「警察の不祥事・警察の不正を内部告発てください」という意味も持っているブログです。

現職、元職を問わず、「警察の正常化を願う警察関係者の皆様」、そして「警察の正常化を願う多くの国民の皆様」からのご意見・コメントをお待ちしています。

お気軽に投稿されることを期待しています。


警察のデタラメ

  検察のデタラメ 

 

   さて、

実は、2年前(平成24年)の本日「1月21日」は、私・大河原宗平が群馬県警に「デッチ上げの公務執行妨害罪」で逮捕されたことを証明したテレビ番組が放映された記念日です。


http://www.youtube.com/watch?v=EBvAOmeVRUI



この25分程の番組ですが、出演鑑定士が述べているとおり、「タイムコード」が2分、3分と飛ばされているのに、実の「映像が、全く同一画面」という、絶対に有り得ない現象を、群馬県警は、「証拠ビデオテープの編集・改ざん偽造」を堂々とやってのけたのです。そして、前橋地方検察庁も群馬県警に追従して裁判を提起しないで「起訴猶予の不起訴処分」で片付けたのです。


裁判所のデタラメ

私は、「デッチ上げ逮捕」によって受けた精神的苦痛等に対する損害賠償請求を裁判に訴えましたが、第一審・前橋地方裁判所は退け、そして、東京高等裁判所に控訴する段階で、この「証拠ビデオテープの編集・改ざん偽造」を発見し、東京高裁の控訴審で縷々立証しましたが、「東京高裁も見て見ぬふり」で控訴棄却、最高裁判所も上告・上告受理不受理として切り捨てました。


これが日本の司法の現実です。

しかし、現在もこうして「偽造された映像」は、堂々とインターネット上に健在です。

とてもうれしい限りです。



この「証拠ビデオテープの編集・改ざん偽造」を行った警察の関係者、そして、現に私をデッチ上げ逮捕した群馬県警の捜査員、更に、「私の身の周りに『存在しない不祥事』をデッチ上げて、私を懲戒免職にした群馬県警の懲戒審査委員会のメンバー」等々、恨みきれない連中に対する怒りは今も全く変わっていません。



命の繋がる限り追及して参ります。

そして、意のある警察関係者からの「自白(内部告発)」をささやかながら「期待」しています。




この記事は、「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)」発起人、大河原宗平が書いています。

大河原宗平の連絡先。携帯電話 090-4725-9006 です。

また、大河原宗平に対する メールは こちらでお願いします。
 hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp

群馬県警の「裏金告発者・大河原宗平を支える会」のHPも検索あれ・・