集団ストーカー現象」の実態を NHKラジオが 放送していました。

インターネットで (本日)2014年2月26日の 「NHKのラジオ番組『らじる★らじる』放送時間:午後5時~650の 『 進む ビッグデータ の活用 車社会の将来は? 』」を検索されたし。



たまたま 耳にした NHKのラジオ放送でしたが これこそ 「集団ストーカーの 手口・手法・機関・システム 等々」の正体です。

 
私からの情報発信は この程度ですが キーワードは 「
ビッグデータ」です。


読者、関係者の皆様。 更に 更に この先を 研究・解明され このページでの 議論を活発化させてください。

この記事は、「警察正常化協議会(警正協・けいせいきょう)」発起人、大河原宗平が書いています。
大河原宗平の連絡先。

携帯電話 090-4725-9006 

メール   hare.nothi-hare.bare-2.22@palette.plala.or.jp
群馬県警の「裏金告発者・大河原宗平を支える会」のHP

「群馬県警 証拠偽造」 =テレビ放映=  

 も検索あれ・・

 


このブログは「警察の不祥事・警察の不正を内部告発てください」という意味です。

現職、元職を問わず、「警察の正常化を願う警察関係者」、「警察の正常化を願う多くの国民の皆様」からのご意見・コメントをお待ちしています。  気軽に投稿してください。



さて 

NHKのラジオ番組『らじる★らじる』放送時間:午後5時~650の 『 進む ビッグデータ の活用 車社会の将来は? 』」を検索して 下記のような説明が 見付かりましたでしょうか?

夕方特集 私も一言!

226日「進む“ビッグデータ”の活用 クルマ社会の将来は?」

いま、「ビッグデータ」の活用が進んでいます。
ビッグデータとは、日々の生活や経済活動のなかで生み出される膨大な情報のことで、
  ▽インターネット上での情報発信の記録や
  ▽どこにいるかを示す携帯電話などの位置情報、また、
  ▽何がどれくらい売れたかといった売り上げの情報など、
あらゆる種類のデータが含まれます。
そして、データから読み取った利用者の傾向や特徴などを広告や商品開発に役立てようというものです。

ビッグデータの活用は、スマートフォンの普及で一気に加速しましたが、
次に注目が集まっているのが、自動車からのデータ収集と応用です。
今月24日には、自動車のビッグデータを活用して、新しいサービスを生み出そうと、
国土交通省の検討会の初会合が開かれました。
自動車は、バスや鉄道に比べて広範囲に移動するため、カーナビやセンサーなどを使って、
   どの道を使ってどれくらいの時間でどこまで行ったのか、
   あるいはドライバーの運転の傾向など、
さまざまなデータを収集することができます。
こうしたビッグデータを活用すれば、より細かい自動車保険や、事故の多い場所の検知、
渋滞の緩和のほか、将来的には車の自動運転も可能にすると言われています。


しかし、ビッグデータの活用にあたっては、鉄道のICカード乗車券のデータが利用者に無断で販売されるケースも起きていて、


プライバシーをどう守り、人々の理解を得るかといった課題も指摘されています。