日航ジャンボ機 群馬県上野村 御巣鷹の尾根 墜落 30年か

 

マスコミの話題を耳にすることが多くなってきました。

 http://wrs.search.yahoo.co.jp/FOR=5siuhcJV3ii10Ihsf918KbSpRcuti0.KoJ9hoSGxhUUCjlcACK30WfDZawRpcApb_2L8rdNfbh72XrxUxwQCZ.2xG6mh4KAWhKwXku4MjpRZA_Oy3zrnXWWW_JMVMW4nYK0Ui2swnUxKeRJCYmRK0mXfHIWO7OfoNKGWNudFJCgihKpLSpDeu88AJVcI4SmrfjJjrgTIR1ow5t_g47_m6wwFBezMSyOFJzwsvFTdT6Dvshv24.M-/_ylt=A7dPLVzMl6xV41cAwT.DTwx.;_ylu=X3oDMTEycGllcmttBHBvcwMzBHNlYwNzcgRzbGsDdGl0bGUEdnRpZANqcDAwMjQ-/SIG=129fvu707/EXP=1437475212/**http%3A//news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2543986.html

 http://wrs.search.yahoo.co.jp/FOR=0tzXXVpV3ig3h54gxrB5l24xehH1_GhcoXT8c9W00PX.gCqM07fLdZvGIwIbc.fsW5xA5IR6qjHab7XdgeriO94ohSfgCLLvWt9prxmCQG9jAKJut7UZ.aXJbxzHYyigjOqmoMeIpu7qBc3iD79i8cbdHLQUeiHCsWzwSl8wFv0PQtk4Rpefn_1ZRg3imLbZcfv4ZmQ4.lRNdyCXVGYQF886rv9OaPP2p5xD0HItk8PjXE8Ivd12fkP8uBqdj5C8/_ylt=A7dPLVzMl6xV41cA0j.DTwx.;_ylu=X3oDMTEzdTR1Z3JxBHBvcwMxMARzZWMDc3IEc2xrA3RpdGxlBHZ0aWQDanAwMDI0/SIG=12j8841fi/EXP=1437475212/**http%3A//news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000055033.html
 

あの一本の電話(どこかの マスコミから「日航機が行方不明になっているが 群馬県警に何かの情報はないか(要旨)」)を 私が受けてから 30年が経過するのか・・・

 

群馬県前橋市大手町の「県庁通り」を県警本部の部屋から見渡しながら電話応対をしたことが 今でも鮮明だ。

 

その電話の内容を知った 当時の群馬県警・警部補「松本憲吾=退職時は県警の所属長=」が「帰れなくなるから帰るべえ」と言って 姿を消してから30年だ。その誘いに追従した2人の巡査部長も同罪。

この恨みは 忘れられない。

 

それとは逆に 立ち上がりが早かったのは当時の機動隊副隊長 警部 峰岸正男であった。

 

そして その後連日 捜索部隊の編制と捜索状況の取りまとめに貢献したのは 群馬県警察本部警備第二課 課長補佐 警部 細谷幹雄 =注:県警退職時は警察署長も務めた所属長・氏名の文字未確認=

とその部下である 警部補 林田久行である。

この2人は 指揮が取れない 「警備部長と警備第二課長」のもとで 寝ずによく頑張ったね~

こういう人が 警察組織を支えていたのでした。

群馬県警に勤務していた大河原宗平