的を得た 凄い記事があった  全く 「同感」だ
 

いらねっちけい(NHK)をはじめとする 大手新聞・メディアの存続問題だ

                        (素晴らしい記事を お借りします。)
 

「激しい言葉」と「鋭い質問」は違う 

舛添疑惑の過熱報道に残る違和感

THE PAGE    2016年(平成28年)617()1925分配信

 

 政治資金をめぐる一連の問題で辞職する東京都の舛添要一知事に対して「今回は報道が頑張った」という声が当の報道界から出ているそうです。確かにきっか けは、週刊文春によるスクープでした。しかし、過熱する一方の報道を目にしながら、言いようのない違和感を抱いた人も多かったのではないでしょうか。

【写真】百条委設置は見送り 傍聴席からヤジ「自民、公明どうした」


 

[写真]政治資金をめぐる疑惑発覚以降、5回目となる6月10日の定例会見で中国服で書道をするメリットについて身振りで説明する舛添都知事(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


チャイナ服 舛添要一さんリスクを取らなくなった大手マスコミ

 舛添氏の政治資金をめぐる問題に火を付けたのは、週刊文春の55日・12日合併号(427日発売)でした。『告発スクープ 舛添知事 「公用車」で 毎週末「温泉地別荘」通い』。そして、511日発売の519日号では、「舛添都知事に政治資金規制法違反の重大疑惑!」とたたみ掛けました。舛添氏は 第2弾が出た直後の定例記者会見で釈明に追われ、説明の度に疑惑が増すという循環に陥ってしまいました。

 甘利明・前経済再生担当相の口利き疑惑をはじめ、週刊文春は最近、政界からみのスクープを立て続けに掲載しています。その連続に溜飲を下げた人も多 いことでしょう。なぜ、週刊文春ばかりがこうしたスクープを連発できるのでしょうか。逆に言うと、どうして新聞からこの種のスクープが影を潜めたのでしょ うか。

 週刊文春の新谷学編集長は今年3月、インターネットメディアのインタビューに応じ、「いまのメディアは、批判をされない、安全なネタばかり報じる傾向が 強まっているように思います。評価が定まったものに対しては『悪い』『けしからん』と叩きますが、定まっていないものは扱いたがらない」と語りました。新 谷氏のこの言葉は、新聞やテレビのダメさ加減を的確に言い当てています。つまり、既存の大マスコミがリスクを取らなくなった、ということです。


経営悪化で調査報道が縮小傾向

 かつては、新聞報道が「政界疑獄」のきっかけを作ったことがありました。竹下登内閣を崩壊に追い込んだ朝日新聞の「リクルート疑惑報道」(1988年) はその最たる実例でしょう。こうした取材・報道は「調査報道」と呼ばれますが、調査報道には時間も経費もかかります。成功するかどうかも途中では分かりま せん。週刊文春も甘利氏の疑惑では、1年もの時間を費やして取材し、確たる証拠を握るまで報道しなかったそうです。

 しかし本来、人も資金も潤沢に有しているはずの新聞・テレビは最近、失敗を恐れ、ほとんどリスクを取らなくなりました。理由は二つあります。一つは部数 減や広告収入の減少などにより、新聞・テレビの経営環境が急速に悪化していること。特に、かろうじて調査報道を支えてきた新聞の凋落ぶりは著しく、全国の 日刊紙は1年間で合計100万部前後も部数を落としています。こうなると、会社は、金のかかる調査報道の比重を落とし、危ない橋を渡ることを避けようとし ます。経営上、リスクを取らなくなるわけです。

 特別報道部を作り、鳴り物入りで調査報道を進めていた朝日新聞も、福島第一原発事故の「吉田調書」問題をめぐる失敗をきっかけとして、特別報道部の体制を事実上、縮小してしまいました。これも失敗に懲りて、リスクを取ることを恐れた一例と言えます。

 一方、経営悪化によって、社員のリストラに着手した新聞社も少なくありません。こうなると、現場でもリスクを恐れ、記者がますます冒険をしなくなりま す。「行政の言うことをそのまま書いていればいい」「街の楽しい話が読まれるはずだ」――。そんな「自粛の空気」が取材現場にじわじわと広がってきたわけ です。政治資金収支報告書の点検などはかつて、調査報道の基本中の基本でしたが、舛添知事問題が起きて「初めて政治資金報告書なるものを見た」という都庁 詰めの記者もいたそうです。

 

記者クラブ制度と構造的な問題

 大手新聞やテレビが週刊誌にも追いつけなくなった背景には、記者クラブ問題も横たわっています。広く知られるようになりましたが、記者クラブは原則、新 聞やテレビの会社員記者しか加盟できません。週刊誌やフリー、ネットメディアの記者はメンバーになれず、記者会見を取材することも不可能なことが大半で す。そのぬるま湯の中で、各社の記者は「仲良しクラブ」を作り、半ば談合のような取材を繰り返してきました。

 舛添氏をめぐる報道では、こんな構造問題も見えてきました。語るのは大手新聞の中堅記者。「都庁担当は政治部ではなく、社会部です。記者にすれば、 都庁は首相官邸や外務省などと比べて格下だし、都庁にはふつう、入社数年の若い記者か、やる気を失った記者しかいません」。全国紙の場合、都内版を埋める ことが都庁担当の重要な役割の一つであり、「知事の疑惑にふだんは目も向いていない」(同)というわけです。


「言葉の激しさ」=「追及」ではない

 舛添氏の釈明会見では、中国服を着て習字を書くまねをしてといった質問も飛び出しました。そんなニュースに接し、レベルの低さにあきれた方もいるの ではないでしょうか。週刊文春の新谷編集長が指摘するように、取材力が低いと、おぼれかかった犬は一斉に叩き始める傾向があります。昨年問題になった号 泣会見の兵庫県議に対する集中砲火のような報道も、そうした事例の一つと言えるでしょう。

 おそらく「舛添疑惑」のような問題を取材する大手メディアの記者は今後、会見で激しい言葉をぶつけていくでしょう。例えば、2005年のことですが、 JR西日本の福知山線で列車脱線事故が起きた際、全国紙の記者が会見でヤクザまがいのような言葉で罵声を浴びせて批判され、のちに会社から処分された ことがあります。「罵声や大声=追及」と勘違いした一例と言えるでしょう。

 言葉の激しさ、とげとげしさは「質問の鋭さ」とは別次元の話です。結局、日々の地道な取材こそが、いざという時に力を発揮するのではないでしょうか。そ れがないから、常にウオッチしているはずの政治家らへの取材は甘くなり、問題が起きても記者クラブ内の「なあなあ」の雰囲気の中で追及は中途半端にしか進 まず、そしてターゲットがおぼれかけていると見るや今度は一斉にたたき始める――。そんな傾向が続くのではないでしょうか。

 舛添氏をめぐる問題でも、それがあからさまに見えてしまいました。大マスコミの体たらくは今に始まったことではありませんが、思わず、「おい、しっかりしろよ」と言いたくなる日々はまだ続くのかもしれません。