高崎市で学校給食費を 無料化にした場合 いくら必要なのか?

 
牛乳までついて 1食 200円台で 何故 給食が提供ができるのでしょうか?

<結論>ざっと 「13億3012万000円」が必要という計算結果になります。

 

詳細は以下のとおりです。

 

高崎市で学ぶ 児童・生徒1人辺りの1か月の給食費を 4000円(4000円より低額かと察しますが4000円)と仮定して計算してみましょう。

 

1人の1年間の給食費は (1年間は12カ月ですが 夏休み中の1か月間は給食を受けませんので 1年間)11カ月で計算されています。


そうすると 1人辺り 約4000円 ×(かける)11カ月では =

                              1人1年間 4万4000円負担

ということになります。

 

次に 高崎市の児童・生徒全員の給食費を 無料にするのには いくら必要か?を考えるのには 高崎市の 児童・生徒が 何人いるのか? ということに なります。


高崎市の
HP(ホームページ)によりますと 全校で 3万0230人 となっています。

 

高崎市で保護者が負担している 給食費の全額

  1人 1年間 4万4000円として

  全児童・生徒数3万0230人をかけると

 
 44,000円×30,230人=13億3012万000円


になります。

 

高崎市で給食費を無料化した場合 約13億円を ねん出すれば 全児童・生徒の給食費が無料化できることになります。

 

では 増税しないで この約13億円を どうして見つけるか?は私・大河原宗平が 今は 内緒にしておきますが 時期が来たら(増税させないで)給食費を無料化にする方法を明らかにします。

 
ただし 保護者が負担している「給食費」は 「学校給食法」 という 法律で 「食材分だけ」なのです。
給食を作ている人の人件費や電気・ガス・水道・燃料の灯油 等は (
学校給食法で)既に 税金から負担しています。ですから牛乳までついて 1か月4000円程で 給食が食べられるのです。