高崎市の観音山ハイツでは孤独死があったようだ。
理事会員の中には「体調を崩している方なので 車両二台を駐車しても容認している」旨 表面的には 「面倒を見ていますよ」みないな ふりをしていたが その中身は まったく人間味のない対応だったようだ。お気の毒様。


「1部屋に一台の駐車枠しかない」と 特定の者には 意地悪をしておいて 特定の者(孤独死したとされる方)には 容認する。 変な理事会だ。 誰にでも「法的措置」で対応すればいいのに と感じるてしまうのだが。観音山ハイツ




再度「法的措置」を 望むお手紙を 披露します。

●●●● 様

 

 平成30年日付けの

7月31日までに観音山ハイツ01号室の退去をお願い

致します。・・・法的措置を執らせていただきます。」

云々のお手紙 拝見しました。

 

観音山ハイツ(管理組合を含む)で 何が起こっているのか詳細を知ったうえで ウエブ等で事実を公開するのに好都合と考えますので どうぞ 法的措置 とやらを 執ってください。

 

平成30年12

★★★号室の借主 

大河原 宗平
私の部屋の張り紙