あ~あ!! 小泉進次郎 新環境大臣も 喋ってしまった・・・

 

「今は、安倍内閣の一員として内閣の方針の中で責務をまっとうするのは当たり前のことだ」と。

 

2019年10月11日の衆議院予算委員会で 新閣僚・新環境大臣 小泉進次郎氏は 立件民主党の辻元清美幹事長代理から 森友学園をめぐる文書改ざん問題について 小泉進次郎氏が過去に「平成の政治史に残る大きな事件。何が真実か知りたい」と述べたことに対して「今もそう思っているのか。真実は知ることができたか?」などとただされたようだ。

これに対して 小泉進次郎氏は「私なりに思ったことを率直に言った。 当時の思いは今も変わらない。」と述べた次に 「今は、安倍内閣の一員として内閣の方針の中で責務をまっとうするのは当たり前のことだ」と意味の分からない発言をしたようだ・・・

 

関連して 辻元清美・立件民主党幹事長代理から「森友学園問題で 誰か政治家が責任を取ったか?」と突っ込まれ 小泉進次郎氏は「質問の通告を受けていない。貴重な予算委員会の場だ。実りある議論をするためにも 事前通告をいただけると前向きなご議論ができる」と苦しい答弁で逃げたようだ・・・

 

今までの 小泉進次郎氏の発言は パフォーマンスだったのか・・・

 

次の「事前通告」から逃げられない 小泉進次郎氏の発言・答弁が楽しみだ。

 

「私が内閣に入ったのだから 徹底的に膿を出す」と力強い答弁とそれに沿った活躍を期待したいものだ。

 

 

私・大河原宗平が群馬県警から冤罪の公務執行妨害などで職と身分を奪われ「群馬県警復職裁判」を継続する途中で 鹿児島県阿久根市の職員に引っ張られた。

当時 私・大河原宗平の裁判を支援してくれていた オンブズマン系の弁護士が 私・大河原宗平に「阿久根に行くな」と止めた。 これに対して 私・大河原宗平は「オンブズマンが知りたがっている 行政の本丸に私・大河原宗平が入るのだから 何でも教えてやる。こんな良いチャンスはないでしょう」と反論した。

 

 これに対して よくよく考えてみると 「オンブズマン系の弁護士は 全国組織を挙げて 行政の不正や 情報公開を進めてきたのに 一人の私・大河原宗平が行政の本丸『総務課長』になって 行政の中身を公開されては 「今までオンブズマンが積み重ねてきた『行政監視のパフォーマンスを一気に潰さ

れる』と考えたのではないか」と 今になってももやもやする気持ちが 小泉進次郎氏の発言で また浮き上がってきた。

 

小泉進次郎・新閣僚には 是非 私・大河原宗平と同じように 入閣したのだから 「そこにある真実を 閣内で隠されている真実を 暴露してもらいたい」ものだ。


写真は 鹿児島県阿久根市の消防署訓練棟に描かれた「幻の 華厳の滝」です・・・
清田画伯 日光 華厳の滝 消防署レンジャー塔アート連珠―等