東京地裁の「加計問題関係」の裁判を傍聴応援をしましょう(拡散を希望)

 

重要な裁判です。

内容は加計学園の問題文書を 文書を保管している文科省が不開示とした事件」で「黒塗り文書の開示を求める訴訟」です。

https://ispulse.info/video/yonEp6WAiWCQiXg.html


訴訟の表記

 

行政文書不開示決定処分取消等請求事件

平成30年(行ウ)第410号

東京地方裁判所 民事第3部A2係(第522号法廷)

裁判長 古田孝夫

裁判官 髙田公輝

裁判官 中野晴行

書記官 山口 勝

原 告 福田圭子

被 告 国




概要は

  学校法人・加計学園愛媛県今治市で獣医学部を新設するにあたって、文部科学省に提出した文書を都内の50代女性が情報公開請求した結果「不開示」にしたのは違法だとして この方が原告となり 「不開示決定の取り消しを求める訴訟」を東京地裁に提起した。

女性は「多額の税金がつぎ込まれる事業であり 文科省は情報を開示すべきであり 裁判を通して 追及していきたい」としている。

 訴状では 獣医学部の研究施設の図面と見積書や 学園の理事会の議事録など5種類の文書を 2018年11月 開示請求したが 文書を保管する文科省が 同年12月 「図面の開示は不法侵入を誘発する」とか「議事録には外の学校法人に知られたくない内部情報が記載してある」などとして 不開示決定した。

原告は 総務省の情報公開・個人情報保護審査会に不服申し立てをしたが 同審査会は2019年5月 文科省の決定を妥当として請求を棄却した。

 訴訟の代理人は 海渡雄一弁護士で 「慣行に従えば 出すはずの情報が隠されている。こんなことを許しては 情報公開制度の根本を揺らすことになる」と弁護を受けたとされている。

というもの。

原告は 「福田圭子さん」という方です。

裁判は 3~4回開催されている模様。

 

次回期日が迫っています。

是非 東京地裁で裁判の傍聴応援をお願いします。


次回期日

  2019年(令和元年)10月16日 (水曜日) 14:00~

                  東京地裁 522号法廷(5階)

  ご注意:この裁判は 多くの方々の注目を集めており 「傍聴券裁判」に

なる可能性があります。傍聴券は 法廷前で「先着順」になりか

も知れません。是非 お早めに 参集ください。

 なお、特に傍聴団を 取りまとめる方はいないと思います。原

告の福田圭子さんと交流してください・・・

  お断り:こう皆さんを誘っておきながら 私・大河原宗平は どうしても

やりくりが付かない事情により10月16日は欠席です。申し訳ご

ざいません。