大河原宗平のブログ

「音楽の町 高崎 を謳うも 開業早々に泥を塗った高崎芸術劇場」

#高崎芸術劇場

というより 計画段階から 「ドロドロ」だったのかもしれない。
何せ 群馬県の高崎市 落札率 全国トップクラス だから・・・
                                               
(※高崎の観音様写真は 高崎市を見下ろす 高崎市のシンボル 高崎観音様)
観音様の目はごまかせなかった・・・

 

https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20191119/1060005900.html



NHKニュース|NHK NEWS WEB

群馬 NEWS WEB

談合事件 落札率98%で受注

群馬県高崎市が発注した劇場の照明の購入をめぐり、入札の予定価格に関する情報を業者に漏らして落札させたなどとして、高崎市の課長と業者の社長ら、合わせて3人が官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された事件で、業者は落札率およそ98%の価格で受注していたことが分かりました。
警察は詳しいいきさつや、3人の関係などを調べています。

逮捕されたのは、高崎市総務部の課長で「高崎芸術劇場」の副館長の佐藤育男容疑者(50)と「高崎芸術劇場」の館長の菅田明則容疑者(66)、それに高崎市内の業者の社長の阿久澤茂容疑者(68)の3人です。
警察によりますと、佐藤課長は高崎市の都市集客施設整備室長だったことし1月ごろ、高崎市が発注した「高崎芸術劇場」の照明の購入をめぐり、入札の予定価格に関する情報を菅田館長を通じて阿久澤社長に漏らしたなどとして、官製談合防止法違反などの疑いがもたれています。
3人は19日、検察庁に身柄を送られましたが、警察はいずれも認否を明らかにしていません。
警察のその後の調べで、照明の予定価格は5800万円だったのに対して、阿久澤社長の業者は5680万円で受注し、落札率は97.9%だったことが分かりました。
警察は詳しいいきさつや、3人の関係などを調べています。

事件を受けて高崎市の富岡賢治市長は19日、記者会見を開き、市民に謝罪するとともに職員の法令順守を徹底するための対策室を新たに設置する方針を明らかにしました。
この中で富岡市長は「市民の行政への信頼を損なう行為で、とても信じられない思いだ。市民の皆様にご迷惑をかけたことをおわびしたい」と述べました。
高崎市によりますと、佐藤容疑者は高崎芸術劇場で予算などの事務を、また菅田容疑者は公演の企画立案などを担当していたということです。
また、会見で富岡市長は今後、市の職員でもある佐藤容疑者に対する処分を検討するほか、市長自身も何らかの処分を受ける必要があるという考えを示しました。
そのうえで富岡市長は、来月1日付けで外部の弁護士などから成るコンプライアンスの対策室を新たに設置し、職員の法令順守を徹底する方針を明らかにしました。

「高崎芸術劇場」は高崎市が平成28年から総額およそ260億円をかけて建設し、ことし9月20日にオープンしました。
JR高崎駅の東口と専用の歩道でつながっていて、地上8階、地下1階建てで、延べ床面積は2万7000平方メートルあり、3つの劇場を備えています。
オープンを記念して、メインの「大劇場」では高崎市に拠点を置く「群馬交響楽団」がベートーベンの交響曲、「第九」を演奏し、市民が合唱しました。
メインの「大劇場」は2030人の観客を収容でき、舞台は間口が28メートル、奥行きが18メートルと国内最大級の広さで、音響効果を生かすため壁が波打つようにデザインされています。
これらの劇場では、オーケストラのコンサートのほか、大がかりな舞台演出が必要なオペラやミュージカルも上演でき、まちの活性化の起爆剤になることが期待されています。
オープンに先立って9月13日に報道関係者を対象に行われた内覧会で「高崎芸術劇場」の佐藤育男副館長はNHKの取材に対し「多彩なジャンルのコンサートを発信し、国内だけでなく世界からも足を運んでもらえるようにしていきたい」と述べていました。








コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。

このページのトップヘ